テナントからテナントへの移行Office365(バックアウトプランが含まれています)

これは、Office365へのテナントからテナントへの移行を実行するための完全なガイドです。

移行の2週間以上前

1.ドメインの所有権を確認し、情報を取得して保存します。2.このリンク
を使用してすべてのDNSレコードをキャプチャします。 3. Exchangeに関連するDNSレコードを特定してキャプチャします(ドメイン転送を実行する場合)– TXTMX、およびSPF。 4.各MXレコードで、TTL値をメモします

  • TTL値を5分などの小さい数値に減らすように要求する必要があります。
  • TTLを5分まで下げることができない場合は、最小値をメモしてください。たとえば、最小値が4時間の場合、移行を開始する4時間前にMXレコードを変更する必要があります。
  • 移行の少なくとも8時間前にTTLを更新するように要求します。

5.このリンクを使用してドメインの可用性を確認します。

  • これにより、you @ domainname.onmicrosoft.comが別のテナントですでに使用されているかどうかがチェックされます。SharePoint Onlineをチェックしますが、SharePoint Onlineがドメインを使用している場合、10回のうち9回は、ExchangeまたはUPNサフィックスも使用されていることを確認できます。

テナントからテナントへの移行Office365(バックアウトプランが含まれています)

  • すでに別のテナントのドメイン名として使用されているドメインをテナントに追加しようとすると、すでに使用されているというエラーが表示されます。

テナントからテナントへの移行Office365(バックアウトプランが含まれています)

6.ドメインに必要なMicrosoft365サービスを決定します。

  • Exchange Online(TXT、MX、SPF、CNAME)
  • Microsoft Teams
  • モバイルデバイス管理

7.必要な決定–ドメインとDNSの要件について話し合う

ドメイン名:

  • ドメイン名登録をテナントB(宛先テナント)に移管するには、移管要求を開始します。
  • これにより、現在のドメイン(テナントA –ソーステナント)の所有者に転送の承認を要求する電子メールが生成されます。
  • 現在の所有者は、ドメインが転送のためにロック解除されていることを確認する必要があり、認証コードを生成する必要がある場合があります。
  • 転送が受け入れられると、プロセスが完了するまでに24〜48時間かかる場合があります。
  • 古いレジストラでホストされているドメイン名に関連付けられているサービスはすべて機能しなくなります。

DNSレコード:

すべての(Exchangeだけでなく)レコードをコピーして、宛先DNSサーバーにレコードをセットアップします。

8. BitTitan移行ツールを使用して移行されないアイテムについて、プロジェクトチームと話し合います。

9.ソースでO365管理者ポータルにドメイン管理者権限を要求します

ソースの管理者ポータルからドメインを削除してから、ドメインを宛先に追加する必要があるプロセスの一部として、管理者権限が必要です。

10.ソースでO365管理ポータルにログインし、EXOメールルールとコネクタを確認します

11.mxtoolboxブラックリストを使用してドメイン/IPアドレスがブラックリストに登録されていないことを確認します。

重要:ブラックリストに登録されている場合、ドメイン/IPアドレスをホワイトリストに登録するとき。

12.ソースでO365管理ポータルにログインし、承認済みドメイン、グループ、メールボックス、リソース、共有メールボックス、およびユーザーのリストをEXCELにエクスポートします。

13.移行する各メールボックスのサイズを確認します。

  • BitTitanは、ライセンスごとに最大50Gbまでしか移行できません。
    メールボックスが大きい場合は、追加のライセンスが必要になる場合があります。

14.メール設定を確認します

  • 転送ルールはありますか?
  • アクセスの委任
  • プロキシアドレス

15.移行するユーザー、グループ、および共有メールボックスのリストを完成させます

16.宛先にすべてのユーザーメールボックス、共有メールボックス、配布グループ、セキュリティグループ、連絡先、およびリソースを作成します。

17.宛先のメールボックス/カレンダーへの委任アクセスを追加します

  • Microsoft365管理センターにログインします
  • 管理センターからExchangeに移動します
  • メールボックス/カレンダーへの委任アクセスを追加します

18.ユーザーコミュニケーションを作成する

  • これは注意する必要があります
  • プロジェクトマネージャーはこれらのコミュニケーションを管理します

19.ソースで2つのテストアカウントを作成する

  • ソースで2つのテストアカウントを作成するように要求します。 
  • BitTitanは、これらのテストアカウントをDestinationに移行するために使用されます。
  • Tenantname.onmicrosoft.comアカウントがMicrosoft365の各メールボックスに接続されていることを確認してください
  • グローバル管理者アカウントには完全な権限が付与されます(後でドキュメントで)

20.ソースの2つのテストアカウントに次のデータを入力します

  • Eメール
  • フォルダー
  • カレンダー(単一および繰り返しの予定)
  • コンタクト
  • タスク

21.宛先に2つのテストアカウントを作成します

  • ソースで2つのテストアカウントを作成するように要求します。 
  • BitTitanは、これらのテストアカウントをDestinationに移行するために使用されます。
  • グローバル管理者アカウントには完全な権限が付与されます(後でドキュメントで)

22.グローバル管理者アカウントにメールボックスへのフルアクセスを許可します。

Get-Mailbox-ResultSize無制限| Add-MailboxPermission -User“ admin account” -AccessRights FullAccess -InheritanceType All -AutoMapping $ false

23.EWSはソースExchangeサーバーで動作している必要があります

  • BitTitanはEWSを使用してソースドメインと宛先ドメインにアクセスします。
  • アクセスがなければ、移行は行われません。

24. OWAを使用して管理者アカウントで他のメールボックスを開くことにより、メールボックスアクセスをテストします

  • ブラウザを開いてhttps://office.comにアクセスします
  • 資格情報の入力を求められたら、メールボックスへのアクセスに使用するアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
  • 管理者の資格情報を使用している場合は、新しいタブを開き、OWAのURLを貼り付けます:(https://outlook.office365.com/owa/[email protected]

25.ソースの各メールボックスにプロキシアドレスとしてtenantname.onmicrosoft.comアカウントを追加します。

これを実行する必要があります。テナントからドメインを削除する前に、すべてのメールボックスからドメインの電子メールアドレスを削除します。

26.SOURCEでEXOPowershellに接続します

27.プロキシアドレスをエクスポートおよび更新して、@tenantname.onmicrosoft.comを含めます

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -Filter“ emailaddresses -notlike'*@tenantname.onmicrosoft.com'” | エイリアス、primarysmtpaddress、emailaddresses | export-csv -NoTypeInformation「C:\ Temp\mailboxes_output.csv」を選択します

Import-csv C:\ Temp \ mailboxes_output.csv | ForEach-Object {
$ ID =$_。PrimarySmtpAddress
$alias =$_。Alias
$365Email = $ alias +“ @ Tenantname.onmicrosoft.com”
Set-Mailbox -Identity $ ID -EmailAddresses @ {add = $ 365Email}
}

28.すべてのメールボックスが更新されたことを確認します。結果はゼロになるはずです。

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -Filter“ emailaddresses -notlike'*@tenantname.onmicrosoft.com'” | エイリアス、primarysmtpaddress、emailaddressesを選択します

29.管理者アカウントに宛先のメールボックスへのフルアクセスを許可します

30.宛先でEXOPowershellに接続します

宛先で取得したすべてのドメインメールボックスに対して、BitTitanサービスアカウントへの完全なメールボックスアクセスを許可します。

Add-MailboxPermission-Identity「宛先メールボックス-ユーザー「BitTitanサービスアカウント」-AccessRightsFullAccess-InheritanceType All -AutoMapping $ false

31. OWAを使用して管理者アカウントで他のメールボックスを開くことにより、メールボックスアクセスをテストします

  • ブラウザを開いてhttps://office.comにアクセスします
  • 資格情報の入力を求められたら、メールボックスへのアクセスに使用するBitTitanサービスアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
  • 管理者の資格情報を使用している場合は、新しいタブを開き、OWAのURLを貼り付けます:
    (https://outlook.office365.com/owa/[email protected]

32.BitTitanライセンス要件

  • メールボックスが50GB未満である必要がある場合は、メールボックスごとに1つのライセンス。メールボックスが50Gbを超える場合は、2つのライセンスが必要になります。
  • 移行するメールボックスの総数を決定し、必要な数のライセンスを取得します。

ノート:

ライセンスは、メールボックスごとに最大10回使用できます。これは、エンドポイントが変更されないことを前提としています。
テストアカウントを使用してBitTitanの移行をテストする場合は、必要なテストアカウントの総数がライセンス数に含まれていることを確認してください。

33.ライセンスを引き換える

  • BitTitanコンソールにログインします
  • 右上隅で、名前の横にある下向き矢印をクリックします
  • 「クーポンの引き換え」を選択します
  • クーポンコードを入力し、「適用」をクリックします
  • クーポンが利用されたことを示すトーストが表示されます

:アカウントをお持ちでない場合は、BitTitanアカウントに登録してください。メールアドレスを確認して、アカウントがアクティブであることを確認してください。

34.BitTitanプロジェクトを作成します

  • BitTitanコンソールにログインします
  • 「マイプロジェクトに移動」->「メールボックスプロジェクトの作成」->「メールボックスプロジェクトの作成」->「次のステップ」をクリックします
  • プロジェクト名を入力してください
  • 顧客名で「新規」をクリックし、情報を追加します。
  • 「次のステップ」をクリックします

35.ソース設定で:

  • 「新規」をクリックします
  • エンドポイント名を入力してください
  • ソースドメインでエンドポイントを選択します
  • 管理者のクレデンシャルを入力します
  • 「追加」をクリックします
  • 「次のステップ」をクリックします

36.宛先設定で:

  • 「新規」をクリックします
  • エンドポイント名を入力してください
  • 移行先ドメインでエンドポイントを選択します
  • BitTitan管理者のクレデンシャルを入力します
  • 「追加」をクリックします
  • 「次のステップ」をクリックします

37.テナントからテナントへの移行時

  • 「テナントとテナントの共存を有効にする」を選択しないでください
  • 「保存して概要に移動」をクリックします
  • 「プロジェクトを保存」をクリックします

38. BitTitanを使用してテストアカウントを移行先に移行する–ステージ前の移行

  • BitTitanコンソールにログインします
  • プロジェクト名を選択します
  • 「追加」の横にあるドロップダウン矢印をクリックして、「クイック追加」を選択します
  • ソースで、テストアカウントのメールアドレスを入力します
  • 宛先で、テストアカウントのメールアドレスを入力します
  • 「アイテムを保存して別のアイテムを追加」をクリックします
  • 他のテストアカウントについても繰り返します
  • 「アイテムを保存して閉じる」をクリックします

39.ステージ前の移行を実行する

  • すべてのテストアカウントを選択
  • 「開始」の横にある下矢印をクリックして、「ステージ前の移行」を選択します
  • 「ステージ前の移行」ウィンドウで、設定を確認します
  • 「移行するものを選択」で「メール」が選択されていることを確認します
  • 「移行スケジュール」で下矢印をクリックし、「特定の時間」を選択します
  • 適切な日時を選択してください
  • 「移行の開始」をクリックします
  • 「リストの更新」アイコンをクリックして移行のステータスを取得するか、左側のメニューのダッシュボードをクリックします

重要

  • 移行が完了するまで待ちます。
  • プレステージは電子メールのみを移行します。
  • カレンダー、連絡先、ジャーナル、メモ、およびタスクは、完全な移行中にのみ移行されます。

40.BitTitanエラーメッセージを解決します

  • エラーが発生したアカウントを選択します
  • 「開始」の横にある下矢印をクリックして、「エラーの再試行」を選択します
  • 「エラーの再試行」ウィンドウで、設定を確認します
  • 「エラーの再試行」をクリックします
  • 「リストの更新」アイコンをクリックして移行のステータスを取得するか、左側のメニューのダッシュボードをクリックします

41. OWAを使用して、メールボックスに移行されたデータが含まれていることを確認します

  • ブラウザを開いてhttps://office.comにアクセスします
  • 資格情報の入力を求められたら、メールボックスへのアクセスに使用するアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
  • 管理者の資格情報を使用している場合は、新しいタブを開き、OWA URL(https://outlook.office365.com/owa/[email protected])を貼り付けます。

42.ソース:OWAを使用して、追加の電子メールを送受信します

43.完全な移行を実行します

  • BitTitanコンソールにログインします
  • プロジェクト名を選択します
  • すべてのテストアカウントを選択
  • 「開始」の横にある下矢印をクリックして、「完全移行」を選択します
  • 「完全移行」ウィンドウで
  • 設定を確認する
  • 「移行するものを選択」で、すべてのオプションが選択されていることを確認します
  • 「移行スケジューリング」では何もしません
  • 「移行の開始」をクリックします
  • 「リストの更新」アイコンをクリックして移行のステータスを取得するか、左側のメニューのダッシュボードをクリックします

44.BitTitanエラーメッセージを解決します

  • エラーが発生したアカウントを選択します
  • 「開始」の横にある下矢印をクリックして、「エラーの再試行」を選択します
  • 「エラーの再試行」ウィンドウで、設定を確認します
  • 「エラーの再試行」をクリックします
  • 「リストの更新」アイコンをクリックして移行のステータスを取得するか、左側のメニューのダッシュボードをクリックします

45. OWAを使用して、メールボックスに移行されたデータが含まれていることを確認します

  • ブラウザを開いてhttps://office.comにアクセスします
  • 資格情報の入力を求められたら、メールボックスへのアクセスに使用するアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
  • 管理者の資格情報を使用している場合は、新しいタブを開き、OWA URL(https://outlook.office365.com/owa/[email protected])を貼り付けます。

46. Liaise with the business and confirms date and time of migration. Confirm other resources are available for migration

47. If the decision was made to take ownership of the domain and DNS before migration, initiate the transfer

1 week before migration

Export Exchange objects from Source:

48. Log into EXO Powershell at Source

49. Mailboxes:  Export UPN, Alias, SMTP and Proxy addresses

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | select userprincipalname,alias,primarysmtpaddress,emailaddresses | export-csv -NoTypeInformation “Backup_Source_Mailboxes.csv”

50. Groups: Export Alias, SMTP and Proxy addresses

Get-DistributionGroup -ResultSize Unlimited | select alias,primarysmtpaddress,emailaddresses | export-csv -NoTypeInformation “Backup_ Source_Groups.csv”

51. Calendar Delegation:

Get-Mailbox | foreach {
write-host -fore green “Processing $_”
Get-MailboxFolderPermission -Identity “$($_.alias):\Calendar” | where {$_.User -notlike “Anonymous” -and $_.User -notlike “Default”}} | select Identity,User,@{name=’AccessRights’;expression={$_.AccessRights -join ‘,’}} | Export-Csv -NoTypeInformation “Backup_ Source_Calendar_Delegation.csv”

Export Exchange objects from Destination:

52. Log into EXO Powershell at Destination

53. Contacts: Export Name and Email addresses

Get-Recipient -Filter {RecipientType -eq “MailContact” -and EmailAddresses -like ‘domainname‘} | select DisplayName,RecipientType,ExternalEmailAddress,EmailAddresses | export-csv -NoTypeInformation “Backup_Destination_Contacts.csv”

54. Mailboxes: Export Forwarding

For each MAILBOX:

get-Mailbox -Identity | select UserPrincipalName,DeliverToMailboxAndForward,ForwardingAddress,ForwardingSmtpAddress | export-csv -notypeinformation ‘Backup_Destination_Forwarding.csv’ -append

55. Pre-Stage Migration of all Mailboxes – email older than 10 days

Important: For the Source, use the onmicrosoft.com address

Select the Project Name
Click on the drop-down arrow beside “Add” and select “Bulk Add”
Click on “Select File”, locate the CSV file created in step 1 then click “Open”
The contents of the CSV will get imported and displayed on screen, click “Save”

Pre-stage migration:

  • Select ALL the accounts that were imported
  • Do not select the test accounts that were migrated previously
  • Click on the down arrow beside “Start” and select “Pre-Stage Migration”
  • In the “Pre-Stage Migration” window review the settings
  • At “Select what to migrate” confirm “Mail” is selected
  • At “Migration Scheduling” click on the down-arrow and select “Specific Time”
  • Select an appropriate date and time
  • Click “Start Migration”
  • Click on the “Refresh list” icon to get a status of the migration or click on the dashboard on the left-hand side menu

Important:

Allow time for the migration to complete
The Pre-Stage migrates emails only
Calendars, contacts, journals, notes, and tasks will only migrate during a full migration

56. Resolve any BitTitan error messages

  • Select the accounts that errored
  • Click on the down arrow beside “Start” and select “Retry Errors”
  • In the “Retry Errors” window, review the settings
  • Click “Retry Errors”
  • Click on the “Refresh list” icon to get a status of the migration or click on the dashboard on the left-hand side menu

57. Add the domain then request a TXT record to verify we own the domain

  • In the Admin center, go to Setup > Domains
  • Choose Add domain
  • Enter the name of the domain you want to add, then click Next
  • At Verify by, select the “TXT record” tab
  • Take a note of the TXT Name, TXT Value and TTL values. 
  • Click Save and close (do not click Verify)

58. Setup IM federation so you have chat communications during pre-cutover

Important: Cannot migrate any IM contacts to Microsoft Teams.

59. 1 day before migration

Migrate mailboxes – Full migration

  • Log into BitTitan console
  • Select the Project Name
  • Full Migration
  • Select ALL accounts
  • Click on the down arrow beside “Start” and select “Full Migration”
  • In the “Full Migration” window review the settings
  • At “Select what to migrate” confirm ALL options are selected
  • At “Migration Scheduling” do nothing
  • Click “Start Migration”
  • Click on the “Refresh list” icon to get a status of the migration or click on the dashboard on the left-hand side menu

Important: Allow time for the migration to complete.

60. Resolve any BitTitan error messages

  • Select the accounts that errored
  • Click on the down arrow beside “Start” and select “Retry Errors”
  • In the “Retry Errors” window, review the settings
  • Click “Retry Errors”
  • Click on the “Refresh list” icon to get a status of the migration or click on the dashboard on the left-hand side menu

61. Migration day

[Optional] Change the TTL value on each MX record

  • We should request that the TTL value is reduced to a smaller number eg 5 minutes
  • If the TTL cannot be lowered to 5 minutes, make note of the lowest value. Example, if the lowest value is 4 hours, the MX record will have to be changed 4 hours before your migration begins.
  • Request the TTL is updated at least 8 hours before migration

Remove domain dependencies from Source:

62. Log into Azure AD and EXO Powershell at Source

[Optional] Change FEDERATED domains to MANAGED, if applicable.

63. Run the following cmdlet to determine which domains are FEDERATED or MANAGED

Get-MsolDomain

If FEDERATED change to MANAGED:

Set-MsolADFSContext -Computer ADFS_Server_FQDN

Convert-MsolDomainToStandard -DomainName “Domain Name Here” -SkipUserConversion:$true -PasswordFile C:\passwords.txt

64. Run the following cmdlets to verify the domains are managed

Get-MsolDomain

[If Applicable] Disable the directory synchronization

Set-MsolDirSyncEnabled -EnableDirSync $false

[If Applicable] SharePoint Online public website

65. If you had also set up your domain with a SharePoint Online public website, then before you can remove the domain, you first have to set the website’s URL back to the initial domain.

[If Applicable] Skype for Business and Teams

Remove all Skype for Business and Teams licenses from the users in the source tenant. This will remove the SIP attribute from their proxy addresses.

66. Set the default domain in source tenant to domainname.onmicrosoft.com

  • In the Admin center, go to the Domains page, or choose Setup > Domains. …
  • On the Domains page, choose the domain you want to set as the default for new email addresses
  • Choose Set as default.

67. Change all Mailboxes UPNs to domainname .onmicrosoft.com domain. Replace the domainname with your domain name.

Get-MsolUser -all | select-object UserPrincipalName,ObjectID | export-csv -NoTypeInformation “User.csv”

Import-csv User.csv| ForEach-Object {
$ID = $_.UserPrincipalName
$ObjectID = $_.ObjectID
$365Email = $ID.Split(“@”)[0] + “@ domainname.onmicrosoft.com”
Set-MsolUserPrincipalName -ObjectId $ObjectID -NewUserPrincipalName $365Email}

68. Confirm the UPNs have been updated

Get-MsolUser -all | select-object UserPrincipalName,ObjectID

69. Change all Distribution Groups Primary SMTP address to domainname.onmicrosoft.com domain. Replace the domainname with your domain name.

Get-DistributionGroup -ResultSize Unlimited | select-object PrimarySMTPAddress | export-csv -NoTypeInformation “DL.csv”

Import-csv DL.csv| ForEach-Object {
$ID = $_.PrimarySmtpAddress
$365Email = $ID.Split(“@”)[0] + “@domainname.onmicrosoft.com”
Set-DistributionGroup -Identity $ID -primarysmtpaddress $365Email}

70. Confirm the primary smtp’s have been updated

Get-DistributionGroup -ResultSize Unlimited | select-object PrimarySMTPAddress

71. As we changed every mailboxes UPN, the primary SMTP addresses has also been updated to domainname.onmicrosoft.com. Now remove all aliases from every mailbox using this script:

$users = Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Where {$_.Emailaddresses.count -gt 1}
foreach ($user in $users) {
foreach ($email in $user.emailaddresses){
if ($email -ne “SMTP:”+$user.PrimarySmtpAddress){
Set-Mailbox -Identity $user.name -EmailAddresses @{Remove=$email}
}
}
Write-host $user.primarysmtpaddress “has been processed”
}

72. Confirm the Primary and Alias addresses are both domainname.onmicrosoft.com ONLY

Get-Mailbox | select PrimarySmtpAddress,EmailAddresses

73. Remove all aliases from every distribution group

$groups = Get-DistributionGroup -ResultSize Unlimited | Where {$_.Emailaddresses.count -gt 1}
foreach ($group in $groups) {
foreach ($email in $group.emailaddresses){
if ($email -ne “SMTP:”+$group.PrimarySmtpAddress){
Set-DistributionGroup -Identity $group.name -EmailAddresses @{Remove=$email}
}
}
Write-host $group.primarysmtpaddress “has been processed”
}

74. Confirm the Primary and Alias addresses are both domainname.onmicrosoft.com ONLY

Get-DistributionGroup | select PrimarySmtpAddress,EmailAddresses

[If Required] O365 Groups: User the cmdlets below to remove the domain:

Get-UnifiedGroup -Identity “name” | select primarysmtpaddress,emailaddresses

Set-UnifiedGroup -Identity “name” -PrimarySMTPAddress [email protected]
Set-UnifiedGroup -Identity “name” -EmailAddresses @{remove=”smtp:[email protected]”}

75. Confirm all dependencies have been removed. Replace the domainname with your domain name.

Get-MsolUser -DomainName domainname.com -all

Important:

  • If the results identify a user that is NOT licensed and STILL has an alias
  • Assign the user a license
  • Go into EXO and set their primary address to onmicrosoft.com then remove all aliases
  • Remove the license
  • Remove Domain from Source

76. Remove the domain from the source Microsoft 365 tenant

  • In the Admin center, go to Setup > Domains
  • Open the domain you wish to remove
  • Click Remove
  • At “Are you sure you want to remove this domain” click Remove
  • Confirm the domain was removed successfully then click Close

Important:

  • Allow up to 60 minutes before adding the domains into the destination tenant
  • O365 may still think the domain is still in use

77. Add Mail Rules and Connectors at Destination

[If required]

  • Log into O365 Admin Portal
  • Go to Exchange admin center – Protection – Connection filter – Edit “Default”, go to “connection filtering”, add the IP address into the “IP Allow list”
  • Go to Exchange admin center – Protection – Spam filter – Edit “Default”, go to “allow lists”, add the domain name into the “Domain allow list”

78. Verify the domain

  • In the Admin center, go to Setup > Domains
  • Open the domain previously added.
  • Click Start setup
  • Click Verify
  • At Set up your online services select I will manage my own DNS records then click Next
  • At Choose your online services select the required services then click Next
  • You will see a page with all the required DNS records
    Update the DNS records
    Allow time for the DNS changes to propagate globally ~ 20 mins
  • Click Verify
  • Confirm there are green tick marks beside the MX and TXT records
    If no CNAME, the overall verification process will fail
    Instead click Ignore incorrect DNS
  • Click Finish – you’re done!

79. Verify changes

  • Check Domain in Microsoft 365
  • Go to Microsoft 365 Admin Centre and click on Domains
  • Select the domain you have just added and click on ‘View DNS Settings’

80. Check Domain

To check everything is setup as it should be, wait around an hour for all updates to take effect then launch: https://centralops.net/co/
Type in the domain name and check all records are set as in ‘View DNS Settings’ above.

81. Remove Email Forwarding at Destination

Log into EXO Powershell at Destination and run the following cmdlets for each user:

Set-Mailbox -Identity “DestinationUserEmailAddress” -ForwardingAddress $null -DeliverToMailboxAndForward $false

82. Add aliases for each user at Destination:

  • Log into the on-premise Exchange server
  • Run Exchange powershell and execute the following cmdlets:

Set-RemoteMailbox -Identity “[email protected]” -EmailAddresses @{Add=”smtp:[email protected]”,”smtp:[email protected]”}

83. For each GROUP: 

  • Log into the on-premise Exchange server
  • Run Exchange powershell and execute the following cmdlets:

Set-DistributionGroup -Identity “groupname” -EmailAddresses @{add=”[email protected]”}

84. Change the TTL value on each MX record back to the original setting eg 1 hour

85. Migrate Mailboxes – Final Migration

  • Log into BitTitan console
  • Select the Project Name
  • Select ALL accounts
  • Click on the down arrow beside “Start” and select “Full Migration”
  • In the “Full Migration” window review the settings
  • At “Select what to migrate” confirm ALL options are selected
  • At “Migration Scheduling” do nothing
  • Click “Start Migration”
  • Click on the “Refresh list” icon to get a status of the migration or click on the dashboard on the left-hand side menu

Important: Allow time for the migration to complete

86. Resolve any BitTitan error messages

  • Once resolved
  • Select the accounts that errored
  • Click on the down arrow beside “Start” and select “Retry Errors”
  • In the “Retry Errors” window, review the settings
  • Click “Retry Errors”
  • Click on the “Refresh list” icon to get a status of the migration or click on the dashboard on the left-hand side menu

87. Delete Contacts at Destination

Connect to EXO at Destination and run the following cmdlet:

Import-csv “Backup_Destination_Contacts.csv”| ForEach-Object {
$DisplayName = $_.DisplayName
Remove-MailContact -Identity $Displayname}

88. Confirm the Contact has been deleted:

Import-csv “Backup_Destination_Contacts.csv”| ForEach-Object {
$DisplayName = $_.DisplayName
Get-MailContact -Identity $Displayname}

89. Set the default email address at Destination

For each USER:

  • Log into the on-premise Exchange server
  • Run Exchange powershell and execute the following cmdlets:

Set-RemoteMailbox “[email protected]” -PrimarySmtpAddress “[email protected]

90. For each GROUP:

  • Log into the on-premise Exchange server
  • Run Exchange powershell and execute the following cmdlets:

Set-DistributionGroup -Identity ‘DisplayName’ -PrimarySmtpAddress “[email protected]” -EmailAddressPolicyEnabled $false

91.共有メールボックスごとに:

  • オンプレミスのExchangeサーバーにログインします
  • 表示名の名前を元の表示名に戻します

重要:すべての変更がO365に同期されるまでしばらくお待ちください。

移行後のアクティビティ

92.デリゲート/エイリアスが正しく入力されていることを確認します

  • O365管理ポータルとソースと宛先の両方を開きます
  • ユーザー/共有メールボックスなどを比較して、デリゲートとエイリアスが正しく追加されていることを確認します。

メールボックスの移行–最終的な移行

  • BitTitanコンソールにログインします
  • プロジェクト名を選択します
  • 完全な移行
  • すべてのアカウントを選択
  • 「開始」の横にある下矢印をクリックして、「完全移行」を選択します
  • 「完全移行」ウィンドウで、設定を確認します
  • 「移行するものを選択」で、すべてのオプションが選択されていることを確認します
  • 「移行スケジューリング」では何もしません
  • 「移行の開始」をクリックします
  • Click on the “Refresh list” icon to get a status of the migration or click on the dashboard on the left-hand side menu

Important: Allow time for the migration to complete.

93. Resolve any BitTitan error messages

Select the accounts that errored
Click on the down arrow beside “Start” and select “Retry Errors”
In the “Retry Errors” window, review the settings
Click “Retry Errors”
Click on the “Refresh list” icon to get a status of the migration or click on the dashboard on the left-hand side menu

94. Execute End User Test Plan

Launch Outlook at Destination and verify the contents of the following:

メール
連絡先
カレンダー
メールを内部で送受信し、メールが受信されたことを確認し
ますメールを外部で送受信し、メールが受信されたことを
確認します送信者のメールアドレスを確認し
ます共有メールボックスからメールを送受信し、メールが受信されたことを確認します。
送信者の電子メールアドレスを確認
するテストカレンダーの招待状を同僚に送信し、招待状が受信されたことを確認します

95.宛先でEXOPowershellにログインします

メールボックスごとに、サービスアカウントを削除します

Remove-MailboxPermission -Identity“ User1” -User“ BitTitan service account” -AccessRights FullAccess -InheritanceType All

96.ドメインおよびDNSレコードの所有権を取得します

[If not already actioned] – If the current owner made the required changes to DNS, take ownership of the domains and DNS records.

Back-out Plan

97. Change default email address back to old email address

  • Log into the on-premise Exchange server
  • Run Exchange powershell and execute the following cmdlets:

Set-RemoteMailbox “[email protected]” -PrimarySmtpAddress “[email protected]

98. For each USER:

Log into the on-premise Exchange server
Run Exchange powershell and execute the following cmdlets:

Set-RemoteMailbox “[email protected]” -EmailAddresses @{remove=”[email protected]”}

99. For each GROUP:

Log into the on-premise Exchange server
Run Exchange powershell and execute the following cmdlets:

Set-DistributionGroup -Identity “groupname” -EmailAddresses @{remove=”[email protected]”}

100. Verify attributes have been updated:

  • Log into the on-premise Exchange server
  • Run Exchange powershell and execute the following cmdlets:

Get-RemoteMailbox -Identity | select userprincipalname,alias,primarysmtpaddress,emailaddresses

101. Re-create Contacts at Destination:

Log into EXO Powershell at Destination and run the following cmdlets:

Import-csv “Backup_Destination_Contacts.csv”| ForEach-Object {
$DisplayName = $_.DisplayName
$Email = $_.EmailAddresses
New-MailContact -Name $Displayname -ExternalEmailAddress $Email}

102. Enabling forwarding from Destination to CONTACT

Log into EXO Powershell at Destination
Run the following cmdlets:

Set-Mailbox -Identity “[email protected]” -DeliverToMailboxAndForward $true -ForwardingAddress “[email protected]

103. Reverse DNS changes

104. Confirm all dependencies have been removed. Replace the domainname with your domain name.

Get-MsolUser -DomainName domainname.com -all

105. Remove the domain from the destination Microsoft 365 tenant

  • In the Microsoft 365 Admin center, go to Setup > Domains
  • Open the domain you wish to remove
  • Click Remove
  • At “Are you sure you want to remove this domain” click Remove
  • Confirm the domain was removed successfully then click Close

Important:

Allow up to 60 minutes before adding the domains into the destination tenant
O365 may still think the domain is still in use

106. Add the domain at Source then request a TXT record to verify we own the domain

  • In the Microsoft 365 Admin center, go to Setup > Domains
  • Choose Add domain
  • Enter the name of the domain you want to add, then click Next
  • At Verify by, select the “TXT record” tab
  • Take a note of the TXT Name, TXT Value and TTL values.
  • Click Save and close (do not click Verify)

107. Verify the domain

  • In the Microsoft 365 Admin center, go to Setup > Domains
  • Open the domain previously added.
  • Click Start setup
  • Click Verify
  • [オンラインサービスのセットアップ]で、[自分のDNSレコードを管理します]を選択し、[次へ]をクリックします
  • [オンラインサービスの選択]で、必要なサービスを選択し、[次へ]をクリックします
  • 必要なすべてのDNSレコードを含むページが表示されます
  • DNSレコードを更新します
  • DNSの変更がグローバルに伝播するまでの時間を約20分待ちます
  • [確認]をクリックします
  • MXレコードとTXTレコードの横に緑色のチェックマークがあることを確認します
  • CNAMEがない場合、全体的な検証プロセスは失敗します
  • 代わりに、[誤ったDNSを無視する]をクリックします
  • [完了]をクリックします–これで完了です。

108.変更を確認する

  • Microsoft365でドメインを確認する
  • Microsoft 365管理センターに移動し、[ドメイン]をクリックします
  • 追加したドメインを選択し、[DNS設定の表示]をクリックします

109.ドメインを確認する

To check everything is setup as it should be, wait around an hour for all updates to take effect then launch: http://centralops.net/co/
Type in the domain name and check all records are set as in ‘View DNS Settings’ above.

110. If applicable, add all Skype for Business and Teams licenses from the users in the Source tenant. This will add the SIP attribute to their proxy addresses.

111. Restore original proxy address for all users:

  • Open “Backup_Mailboxes.csv” in Excel
  • In the EmailAddresses column ensure there is a comma between each email address and not a space eg SMTP:[email protected],smtp:[email protected]
  • Log into EXO powershell at Source
  • Compose and run the cmdlet below for each user:

Set-Mailbox -Identity “alias” -EmailAddresses SMTP:[email protected],smtp:[email protected]

  • これにより、プロキシアドレスが置き換えられ、デフォルトのSMTP電子メールアドレスが設定されます。

112.すべてのユーザーのUPNを復元します。

Import-csv「Backup_Mailboxes.csv」| ForEach-Object {
$ NewUPN =$_。PrimarySmtpAddress
$alias =$_。Alias
$OldUPN = $ alias +“ @ vivacityhealth.onmicrosoft.com”
Set-MsolUserPrincipalName -UserPrincipalName $ OldUPN -NewUserPrincipalName $ Newupn
}

113. UPN、電子メール、およびプロキシアドレスが更新されていることを確認します。

Get-Mailbox -Identity | userprincipalname、alias、primarysmtpaddress、emailaddressesを選択します

114.すべての配布グループのSMTPアドレスをdomainname.onmicrosoft.comドメインに変更します。ドメイン名を自分のドメイン名に置き換えます。

Get-DistributionGroup -ResultSize Unlimited | select-object PrimarySMTPAddress | export-csv -NoTypeInformation“ DL.csv”

Import-csv DL.csv| ForEach-Object {
$ID = $_.PrimarySmtpAddress
$365Email = $ID.Split(“@”)[0] + “@domainname.onmicrosoft.com”
Set-DistributionGroup -Identity $ID -primarysmtpaddress $365Email}

115. Remove all aliases from every distribution group

$groups = Get-DistributionGroup -ResultSize Unlimited | Where {$_.Emailaddresses.count -gt 1}
foreach ($group in $groups) {
foreach ($email in $group.emailaddresses){
if ($email -ne “SMTP:”+$group.PrimarySmtpAddress){
Set-DistributionGroup -Identity $group.name -EmailAddresses @{Remove=$email}
}
}
Write-host $group.primarysmtpaddress “has been processed” $
}

That’s how tenant to tenant migration Office 365 works.



[解決済み]メールがOffice365のアーカイブに移動しない

[解決済み]メールがOffice365のアーカイブに移動しない

アーカイブメールボックスを使用すると、ユーザーの電子メールメッセージをさらに保存できます。ただし、一部のシナリオでは、電子メールがMicrosoft365のアーカイブに移動しません。

メールボックス移行Office365:処理するための非常に簡単な方法

メールボックス移行Office365:処理するための非常に簡単な方法

この投稿はMicrosoft365でのメールボックスの移行に関するものであるため、この章ではExchangeOnlineとハイブリッド管理のトピックのみに焦点を当てます。

メールユーザーとして表示される共有メールボックスを解決する方法(2022)

メールユーザーとして表示される共有メールボックスを解決する方法(2022)

Office365メールボックスでメールユーザーとして表示される共有メールボックスを解決する方法。メールボックスは、SharedMailboxではなくExchangeOnlineでMailUserとして表示されます...

Outlookで会議の時間を見つける:ベストガイド(2022)

Outlookで会議の時間を見つける:ベストガイド(2022)

この投稿では、このOutlookでの会議の時間の検索で提供される内容について詳しく説明します。それで、これ以上面倒なことはせずに、始めましょう。

Outlookで電子メールテンプレートを作成する方法(2022)

Outlookで電子メールテンプレートを作成する方法(2022)

この記事では、Outlookでメールテンプレートを作成して使用する方法について説明します。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

Advanced eDiscovery O365は、お客様に対応するコンテンツを保存、収集、レビュー、分析、およびエクスポートするためのエンドツーエンドのワークフローを提供します...

Exchangeオンライン保護を改善するための20のベストテクニック

Exchangeオンライン保護を改善するための20のベストテクニック

この記事の主な目的は、Microsoftのベストプラクティスに従うことにより、データ損失または侵害されたアカウントに対するExchangeオンライン保護を改善することです...

テナントからテナントへの移行Office365(バックアウトプランが含まれています)

テナントからテナントへの移行Office365(バックアウトプランが含まれています)

これは、テナントからテナントへの移行オフィス365を実行するための完全なガイド(バックアウトプランを含む)です。

Outlookで検索を使用して電子メールをすばやく検索する方法(2022)

Outlookで検索を使用して電子メールをすばやく検索する方法(2022)

この投稿では、Outlookで検索を使用してメールを適切に検索する方法を紹介します。

Outlookでアーカイブメールを使用して空き容量を増やす(2022)

Outlookでアーカイブメールを使用して空き容量を増やす(2022)

今日は、Outlookでアーカイブメールを使用してメールボックスをクリーンアップする方法を紹介します(FAST)