高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

Advanced eDiscovery O365は、組織の内部および外部の調査に対応するコンテンツを保存、収集、レビュー、分析、およびエクスポートするためのエンドツーエンドのワークフローを提供します。また、法務チームが法務保留通知ワークフロー全体を管理して、事件に関与する管理者と連絡を取ることができます。

この記事では、高度な電子情報開示を設定するために必要な手順について説明します。これには、Advanced eDiscoveryにアクセスしてケースに管理者を追加するために必要な適切なライセンスを確保することや、ケースにアクセスして管理できるように法務および調査チームに権限を割り当てることが含まれます。この記事では、法的な調査のために高度な電子情報開示ワークフローを管理するための使用例の概要についても説明します。

1Microsoft365の高度な電子情報開示ライセンス

2eDiscovery権限を割り当てます

3 AdvancedeDiscoveryCaseを設定します

4AdvancedeDiscoveryケースにカストディアンを追加します

5検索を設定する

6レビューセットを作成する

6.1レビュー戦略を策定する

6.2タグパネルの構成

7監査アクティビティログを構成します

8設定–分析設定および/または基本情報

9保留通知を作成して送信する

10仕事の概要

11エクスポート

Microsoft365の高度な電子情報開示ライセンス

Advanced eDiscoveryのライセンスには、適切な組織サブスクリプションとユーザーごとのライセンスが必要です。

  • 組織 のサブスクリプション:Microsoft 365コンプライアンスセンターまたはセキュリティ&コンプライアンスセンターで高度な電子情報開示にアクセスするには、組織に次のいずれかが必要です。
    • Microsoft365E5またはMicrosoft365E5サブスクリプション
    • E5コンプライアンスアドオンを使用したMicrosoft365E3サブスクリプション
    • E5eDiscoveryおよびAuditアドオンを使用したMicrosoft365E3サブスクリプション既存のMicrosoft365E5プランがなく、Advanced eDiscoveryを試してみたい場合は  、既存のサブスクリプション にMicrosoft 365を追加するか 、Microsoft365E5の試用版にサインアップできます。 。
  • ユーザーごとのライセンス:  Advance eDiscoveryの場合にカストディアンとしてユーザーを追加するには、組織のサブスクリプションに応じて、そのユーザーに次のいずれかのライセンスを割り当てる必要があります。
    • Microsoft 365:ユーザーには、Microsoft 365 E5ライセンス、E5コンプライアンスアドオンライセンス、またはE5 eDiscoveryandAuditアドオンライセンスが割り当てられている必要があります。
    • Microsoft 365:ユーザーにはMicrosoft365E5ライセンスが割り当てられている必要があります。ライセンスを割り当てる方法については、「 ユーザーにライセンスを割り当てる」を参照してください。

eDiscovery権限を割り当てます

Advanced eDiscoveryにアクセスしたり、Advanced eDiscoveryケースのメンバーとして追加したりするには、ユーザーに適切な権限を割り当てる必要があります。具体的には、セキュリティ&コンプライアンスセンターのeDiscoveryManagerロールグループのメンバーとしてユーザーを追加する必要があります。この役割グループのメンバーは、高度な電子情報開示ケースを作成および管理できます。メンバーの追加と削除、管理者とコンテンツの場所の保留、法的保留通知の管理、ケースに関連付けられた検索の作成と編集、レビューセットへの検索結果の追加、レビューセット内のデータの分析、および高度なeDiscoveryケース。

次の手順を実行して、ユーザーをeDiscoveryManagerロールグループに追加します。

  • 権限に移動します。
  • Microsoft365組織の管理者アカウントの資格情報を使用してサインインします。
  • [アクセス許可]ページで、[ eDiscoveryManager ]をクリックします
  • [役割グループの編集]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [eDiscovery Administratorの選択]をクリックし、[編集]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 次に、[追加]をクリックして管理者を追加し、ユーザーを選択します。[削除]をクリックして、eDiscoveryマネージャーからユーザーを削除できます

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 完了したら、[保存]をクリックします
  • この変更は反映されるまでに数時間かかります。
  • 高度なeDiscovery権限の詳細については、MicrosoftのWebサイトにアクセスしてください。

高度な電子情報開示ケースを設定する

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • トップメニューから[ケース]を選択します。
  • [ケース]で、[ケースの作成]をクリックして新しいケースを作成します。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [新しいeDiscoveryケース]ページで、ケースの名前番号を入力します。
  • このケースを作成した後、追加の設定を構成しますか?:いいえ、ホームページに移動します。ここでは、デフォルトのケース設定を使用します。
  • ケース形式で、「新規(推奨)」を選択します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [保存]をクリックします。

AdvancedeDiscoveryケースにカストディアンを追加する

  • Test12ページで、[コレクション]タブをクリックします
  • クリック+新しいコレクション

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [新しいコレクション]ページで、名前番号を入力します。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [管理データソースの選択]で、 ExchangeOneDriveがデータソースとして選択されていることを確認し、[次へ]をクリックします
  • カストディアンセクションを選択して、ユーザーをケースに追加します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [保管場所の選択]ページで、ExchangeOneDriveがデータソースとして選択されていることを確認し、[次へ]をクリックします。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • カストディアンのチームチャネルを保留することに関心がある場合は、[追加]をクリックします

  • チームを選択する

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 管理者がアクセスできるすべてのチームが表示されます。保留にしたいチームを選択します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [追加の場所の選択]ページで、[次へ]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [選択したカストディアンに保留を設定する]ページで、カストディアンに対して[保留]が選択されていることを確認します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • Completeをクリックします

:続行する前に、[調査]ページで[ジョブ]タブをクリックし、カストディアンのインデックス作成ジョブステータスが成功していることを確認してください。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

検索を設定する

  • Test12ページで、[検索]タブをクリックし、[新しい検索]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 名前と説明のページを入力し、[次へ]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [カストディアン]ページで、提案されたカストディアンの名前を入力し、[次へ]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [管理者以外のページ]で、[ +管理者以外のソースを追加]をクリックします。そうでない場合は、次のステップに進みます

:管理者に関連付けられていないメールボックスやサイトにコンテンツが存在する可能性がありますが、それはケースに関連しています。ケースカストディアンが管理者の管理下にないが、関連データの所有者である可能性があるコンテンツの場所は、非カストディアルデータソースとして知られています。

  • [追加の場所]ページで、[次へ]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [検索条件]ページで、[ +条件の追加]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 日付を選択

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 日付を設定し、[次へ]をクリックします
  • [検索の確認]ページで、選択内容を確認し、[送信]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

レビューセットを作成する

  • Test12ページで、[レビューセット]タブをクリックし、[ +レビューセットの追加]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [レビューセットの追加]ページで、名前を入力して[追加]をクリックします

レビュー戦略を策定する

非常に大量のデータがある場合、高度なeDiscoveryダッシュボードを使用すると、レポートおよびeDiscoveryデータを視覚的に表示できます。

レビュープロセスを開始する前でも、ダッシュボードを使用すると、レビューセット内のコンテンツをすばやく分析して、傾向や主要な統計を特定し、レビュー戦略を立てることができます。動的ダッシュボードはカスタマイズ可能であるため、ケースに適したウィジェットを追加、削除、構成し、ビジュアルを介してコンテンツにドリルダウンできます。

たとえば、ここでは、特定の送信者ドメインからのすべてのケースのみを確認したいと思います。これを行うには、棒グラフでそのデータを表示できるウィジェットを作成します。ウィジェットを作成したら、これを使用して検索を作成できます。ウィジェットに条件を適用することで、検索をさらに絞り込むことができます。この例では、送信者のドメインでのみ表示したいと考えています。ドメインを指定したら、これを使用して検索を作成し、クエリとして保存できます。

  • 上部の[レビューセット]をクリックして、管理データレビューセットを開きます

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 個々の結果で、[プロファイルビューの検索]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [ +新しいウィジェット]をクリックしてから、[カスタムウィジェットの作成]をクリックします

  • タイトルを追加してピボット(送信者ドメイン)を選択し、グラフの種類(バー)を選択して、[次へ]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • ウィジェットをクリックしてから、ウィジェットの右上隅にある[条件の適用]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • フライアウトページで、ウィジェットキーまたはウィジェットチャートの要素をクリックしてフィルターを作成します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 完了したら、[ クエリとして保存]をクリック して、レビューセットの新しい検索クエリとして条件を保存します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 検索プロファイルビューを閉じて  、検索結果ビューに戻ります。

タグパネルを構成する

レビューセットの一部として、コンテンツを整理するためにカスタマイズ可能なタグ付けパネルを構成できます。たとえば、コンテンツをレスポンシブまたは非レスポンシブ、特権などとして識別するタグを作成できます。後で、これらのタグを、「レスポンシブ」とタグ付けされたデータのみの機密コンテンツの編集などのダウンストリームワークフローに使用したり、タグ付けされたすべてのコンテンツをエクスポートしたりできます。 「エクスポートの準備ができました」。

これは、データの早期分類とカリングを行うレビューアが、最も応答性が高く関連性の高いデータセットへのエクスポートを制限するのに役立ちます。事前にトレーニングされた機械学習モデルを活用して、機密性の高いコンテンツを特定することもできます。モデルを使用するには、タグパネルにスマートタグセクションを追加するだけです。

  • [レビューセット]タブで、[管理データ]レビューセットをクリックします
  • [管理データ]ページで、[レビューセットの管理]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 一番下までスクロールし、 [タグ]で[タグの管理]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [管理データ、タグ]ページで、[ +追加]セクションをクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • セクションのタイトルと説明を入力します(オプション)

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [保存]をクリックします
  • [タグセット]セクションで、縦の省略記号をクリックし、[ +オプションの追加]ボタンをクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [タグセット]セクションの下の新しい[選択]アイテムで、[選択ラベルの入力]フィールドをクリックし、「タグ選択」と入力します。

  • [保存]をクリックします。

監査アクティビティログを構成する

  • Test12ページで、[データソース]タブをクリックし、管理者を選択します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 管理者の詳細ページで、[管理者のアクティビティの表示]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 必要に応じて、[ユーザーと管理者のアクティビティの記録を開始する]をクリックし、[オンにする]をクリックします。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 日付範囲を指定し、[検索]を選択して最近の管理者アクティビティデータを表示します

:利用可能なデータがない場合は、管理者としてログインし、いくつかのファイルを開きます。

  • [閉じる]をクリックして、カストディアンアクティビティページを閉じます。

設定–分析設定および/または基本情報

ケースを作成したら、ケースのタイプと予想される複雑さに応じてケース設定を構成できます。[設定]タブは、ケースレベル内で検索分析を構成するために使用されます。

  • Test12ページで、[設定]タブをクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [検索と分析]セクションで、[選択]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • Analyticsの設定を確認する
  • チェックボックスを選択し、次の設定を変更します。

ドキュメントと電子メールの類似性のしきい値:70%
テーマの最大数:10

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 一番下までスクロールして、[保存]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [終了]をクリックします。

保留通知を作成して送信する

多くの場合、組織はカストディアンに法的な保留中であることを通知する必要があり、カストディアンに通知されたときと法的な保留を承認したときを追跡できる必要があります。組織は、コンプライアンスセンターのAd​​vanced eDiscovery内から、カストディアンコミュニケーションに関する法的なワークフローを管理できるようになりました。

管理者は、法的保留通知を送信、収集、追跡できます。組織のニーズに合わせて、保留通知のワークフローとコンテンツをカスタマイズできます。

リマインダーやエスカレーションなどの通知を事前に入力できます。これらの通知を作成するときに、リンクを追加して、管理者がこの情報の受信を確認できるようにすることができます。保留通知を作成するためのリッチテキストエディタが提供されており、通知の作成に使用できる変数を使用できます。

管理者は、これが通信の保留の新規発行、再発行、または解放であるかどうかを定義し、保留内のコンテンツを定義するだけでなく、表示名、確認リンクなどの一般的な変数を利用できます。

  • [通信]タブをクリックし、[ +新しい通信]を選択します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 名前を入力し、発行責任者を選択します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [次へ]をクリックします

:すべての保管通知は、発行責任者に代わって送信されます。

  • リッチテキストエディタとマージフィールドを使用して、保留通知を作成します。次のようにレターをコピーして、保留通知のフィールドを更新できます。テキストエディタで、 [確認リンクで置換]を強調表示し、エディタの上部にある[確認リンク]ボタンをクリックして、マージフィールドを挿入します。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

注文を保留

機密

宛先:{{DisplayName}}
差出人:法務顧問室
日付:{{IssuingDate}}

同社はSECから召喚状を受け取りました。これは、インサイダー取引の調査に関連して特定の会社文書の収集と作成を要求するものです。私たちは召喚状を完全に遵守し、SECの調査に協力するつもりです。

SEC召喚状に完全に準拠するためには、添付ファイルに記載されているすべてのドキュメント(ハードコピードキュメント、電子データおよびドキュメントを含む)を保存し、そのようなドキュメントまたはデータを日常的に破棄または破棄することが重要です。正式な会社の方針またはその他の規定に従い、追って通知があるまで停止されます。これには、「自動削除」機能をオフにし、バックアップテープが保持され、上書きまたは削除されないようにすることが含まれます。何かを保存する必要があるかどうかについて質問がある場合は、弁護士からのアドバイスがあるまで保存する必要があります。

このポリシーは、オフィス、オフサイトの保管施設、または自宅に保管されているかどうかに関係なく、そのようなすべてのドキュメントに適用されます。正式な会社文書だけでなく、手書きのメモ、下書き、カレンダーなどの資料も含まれます。さらに、あなたの監督下にある誰かがそのような文書またはデータを管理または管理していて、それがこの覚書の受領者としてリストされていない場合は、すぐにそれらに転送してください。この覚書を受け取るべき他の人を知っている場合、または保存すべき私たちの管理が及ばない文書を知っている場合は、すぐに{{IssuingOfficerEmail}}に通知してください。

書類の収集手順に関する詳細な手順はまもなく続き、日常のビジネス活動の中断を最小限に抑えるように設計されます。そのような指示が提供されるまで、すべての文書とファイルは通常の業務の過程で保持されるので維持されるべきです。

召喚状は、文書の保存とコンプライアンスに必要な議論の外で、または会社の顧問とのコミュニケーションの中で議論されるべきではありません。第三者との話し合いはありません。

以下のリンクをクリックして、この通知を承認する必要があります

ACKNOWLEDGMENTLINKに置き換えます

この通知についてご不明な点がございましたら、{{IssuingOfficerEmail}}までお問い合わせください。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • ポータルコンテンツが作成されたら、[次へ]をクリックします
  • [通知の設定-必須]ページで、[編集]をクリックして、新しい発行、再発行、およびリリースの通知を作成します

発行
受信者:すべての管理者
件名:保留通知の発行
本文:これは保留通知の発行です。
{{IssuingOfficerEmail}}

再発行
受信者:すべての管理者
件名:保留通知
の再発行本文:これは保留通知の再発行です。
{{IssuingOfficerEmail}}

リリース
受信者:すべての管理者
件名:保留通知
のリリース本文:これは保留通知のリリースです。
{{IssuingOfficerEmail}}

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

:必要に応じて、CC\BCCを追加できます。

  • 必要な設定通知が作成されたら、[次へ]をクリックします
  • [通知の設定-オプション]ページで、[次へ]をクリックします。オプションの通知には、指定されたカストディアンおよび/またはそのマネージャーに定期的なメッセージを送信するためのリマインダーおよびエスカレーションワークフローが含まれます
  • [通知するカストディアンの選択]ページで、すべてのカストディアンが選択されていることを確認し、[次へ]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [設定の確認]ページで、設定を確認して[送信]をクリックします。

仕事の概要

Advanced eDiscoveryで数秒以上かかるプロセスは、ジョブとして作成されます。[ジョブ]タブは、実行中または完了したジョブのステータスを追跡します。

  • [テスト12]ページで、[ジョブ]タブをクリックします。[フィルター]ボタンをクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [タイプ]の横で、表示するアイテムと非表示にするアイテムを選択して詳細を表示します

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • オプション:フィルターの一番下までスクロールし、[ステータス]セクションと[スコープ]セクションに適用されているフィルターの表示と非表示を繰り返します。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • [適用]をクリックします。

書き出す

場合によっては、弁護士または別の第三者が特定の寄託のためにケースから5つのドキュメントをダウンロードするだけでよい場合があります。その場合、ダウンロードオプションを提供します。

  • Test12ページで、[レビューセット]タブをクリックしてから、[管理データ]レビューセットをクリックします。
  • [アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[エクスポート]をクリックします

  • エクスポート名を入力し、[エクスポート]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • Aでジョブが作成されました!ダイアログで[OK]をクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • そのステータスを追跡するには、Test12ページに移動し、[ジョブ]タブをクリックします

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

  • 成功したら、ジョブを選択し、[エクスポート]をクリックしてデータをダウンロードします。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

また読むMicrosoft Cloud App Security:The Definitive Guide

これが、高度な電子情報開示O365が重要なドキュメントに焦点を当てて、より迅速で情報に基づいた意思決定を行う方法です。

今ではあなたの番です:

今日のガイドのどの戦略を最初に試しますか?あるいは、私が取り上げた何かについて質問があるかもしれません。

今すぐ下に簡単なコメントを残して私に知らせてください。



[解決済み]メールがOffice365のアーカイブに移動しない

[解決済み]メールがOffice365のアーカイブに移動しない

アーカイブメールボックスを使用すると、ユーザーの電子メールメッセージをさらに保存できます。ただし、一部のシナリオでは、電子メールがMicrosoft365のアーカイブに移動しません。

メールボックス移行Office365:処理するための非常に簡単な方法

メールボックス移行Office365:処理するための非常に簡単な方法

この投稿はMicrosoft365でのメールボックスの移行に関するものであるため、この章ではExchangeOnlineとハイブリッド管理のトピックのみに焦点を当てます。

メールユーザーとして表示される共有メールボックスを解決する方法(2022)

メールユーザーとして表示される共有メールボックスを解決する方法(2022)

Office365メールボックスでメールユーザーとして表示される共有メールボックスを解決する方法。メールボックスは、SharedMailboxではなくExchangeOnlineでMailUserとして表示されます...

Outlookで会議の時間を見つける:ベストガイド(2022)

Outlookで会議の時間を見つける:ベストガイド(2022)

この投稿では、このOutlookでの会議の時間の検索で提供される内容について詳しく説明します。それで、これ以上面倒なことはせずに、始めましょう。

Outlookで電子メールテンプレートを作成する方法(2022)

Outlookで電子メールテンプレートを作成する方法(2022)

この記事では、Outlookでメールテンプレートを作成して使用する方法について説明します。

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

高度なeDiscoveryO365の究極のガイド

Advanced eDiscovery O365は、お客様に対応するコンテンツを保存、収集、レビュー、分析、およびエクスポートするためのエンドツーエンドのワークフローを提供します...

Exchangeオンライン保護を改善するための20のベストテクニック

Exchangeオンライン保護を改善するための20のベストテクニック

この記事の主な目的は、Microsoftのベストプラクティスに従うことにより、データ損失または侵害されたアカウントに対するExchangeオンライン保護を改善することです...

テナントからテナントへの移行Office365(バックアウトプランが含まれています)

テナントからテナントへの移行Office365(バックアウトプランが含まれています)

これは、テナントからテナントへの移行オフィス365を実行するための完全なガイド(バックアウトプランを含む)です。

Outlookで検索を使用して電子メールをすばやく検索する方法(2022)

Outlookで検索を使用して電子メールをすばやく検索する方法(2022)

この投稿では、Outlookで検索を使用してメールを適切に検索する方法を紹介します。

Outlookでアーカイブメールを使用して空き容量を増やす(2022)

Outlookでアーカイブメールを使用して空き容量を増やす(2022)

今日は、Outlookでアーカイブメールを使用してメールボックスをクリーンアップする方法を紹介します(FAST)