VMware で TPM とセキュア ブートを有効にして Windows 11 をインストールする方法

開発プロセス中、Microsoft はWindows 11をインストールするためのセキュリティ要件を強制していませんが、最終的には、Trusted Platform Module (TPM) とセキュアがないため、VMware Workstation 仮想マシンに OS をインストールできなくなります。ブート。

TPM は、Windows Hello、BitLocker などの機能を有効にするための暗号化キーの生成と保存など、暗号化機能を提供するチップです。

セキュア ブートは、マルウェア (ルートキットなど) が起動時に信頼された OS を攻撃できないように、ブート プロセスを保護するファームウェア テクノロジです。

Insider Preview ビルドをインストールするか、VMware Workstation を使用して仮想マシンで Windows 11 の最終バージョンを実行する予定の場合、アプリケーションには TPM およびセキュア ブート オプションが含まれます。仮想化を扱っているため、コンピュータ コンポーネントを物理的に用意する必要はありません。

このガイドでは、VMware で TPM とセキュア ブートを有効にして仮想マシンに Windows 11 をインストールする手順について説明します。

VM で TPM とセキュア ブートを有効にして Windows 11 をインストールする

VMware で TPM とセキュア ブートを有効にするには、次の手順を使用します。

  1. VMware Workstationを開きます。

  2. 仮想マシンを選択します。

  3. VMメニューをクリックし、[設定]オプションを選択します。

  4. [オプション] タブをクリックします。

  5. アクセス制御オプションを選択します。

  6. [暗号化] セクションで、[暗号化] ボタンを選択します。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  7. 暗号化パスワードを作成します。

  8. [暗号化] ボタンをクリックします。

  9. [詳細] をクリックします

  10. (非推奨) [ファームウェアの種類] セクションで、UEFIオプションを選択し、[セキュア ブートを有効にする] オプションをオンにします (該当する場合)。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

    警告:ファームウェアの種類を変更すると、問題が発生する場合があります。UEFI を備えた VM がまだない場合は、代わりに新しい仮想マシンを作成することをお勧めします。

  11. [ハードウェア] タブをクリックします。

  12. [追加] ボタンをクリックします。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  13. Trusted Platform Moduleオプションを選択して、 Windows 11 を実行します。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  14. [完了] ボタンをクリックします。

  15. [ OK ] ボタンをクリックします。

手順を完了すると、コンピューターには、Windows 11 にアップグレードするための要件チェックに合格するために必要なセキュリティ コンポーネントが含まれている必要があります。

TPM とセキュア ブートをサポートする VMware で Windows 11 VM を作成する

TPM とセキュア ブートをサポートする仮想マシンを作成するには、次の手順を使用します。

  1. VMware Workstationを開きます。

  2. [ファイル] メニューをクリックし、[新しい仮想マシン] オプションを選択します。

  3. [次へ] ボタンをクリックします。

  4. 最新の仮想マシン ハードウェア互換性オプションを選択します。

  5. [次へ] ボタンをクリックします。

  6. [後でオペレーティング システムをインストールします] オプションを選択します。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  7. [次へ] ボタンをクリックします。

  8. [ゲスト オペレーティング システム] セクションで、[ Microsoft Windows ] オプションを選択します。

  9. 「バージョン」セクションで、Windows 10 x64オプションを選択します。(可能な場合は、Windows 11 オプションを選択します。)

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  10. [次へ] ボタンをクリックします。

  11. Windows 11 VM の名前を確認します。

  12. 仮想マシンを格納する場所を確認します。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  13. [次へ] ボタンをクリックします。

  14. 「ファームウェアの種類」セクションで、UEFIオプションを選択します。

  15. セキュア ブートオプションを確認します。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  16. [次へ] ボタンをクリックします。

  17. プロセッサ コアの数 (2 つ以上) を選択します。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  18. [次へ] ボタンをクリックします。

  19. RAM の量を指定します (4GB 以上)。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  20. [次へ] ボタンをクリックします。

  21. 優先するネットワーク接続を選択します。

  22. [次へ] ボタンをクリックします。

  23. デフォルトのI/O コントローラ タイプオプションを使用します。

  24. [次へ] ボタンをクリックします。

  25. 仮想ディスク タイプ オプションを選択します。(利用可能な場合、通常は NVMe が推奨されるオプションです。)

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  26. [新しい仮想ディスクの作成] オプションを選択します。

  27. [次へ] ボタンをクリックします。

  28. ディスク サイズをギガバイト単位で指定します (64GB 以上)。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  29. 別の構成が必要でない限り、残りの設定にはデフォルト設定を使用してください。

  30. [次へ] ボタンをクリックします。

  31. [次へ] ボタンをもう一度クリックします。

  32. [完了] ボタンをクリックします。

  33. 仮想マシンを選択します。

  34. VMメニューをクリックし、[設定]オプションを選択します。

  35. [オプション] タブをクリックします。

  36. アクセス制御オプションを選択します。

  37. [暗号化] セクションで、[暗号化] ボタンを選択します。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  38. 暗号化パスワードを作成します。

  39. [暗号化] ボタンをクリックします。

  40. [ハードウェア] タブをクリックします。

  41. [追加] ボタンをクリックします。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  42. Trusted Platform Moduleオプションを選択します。

    How to enable TPM and Secure Boot on VMware to install Windows 11

  43. [完了] ボタンをクリックします。

手順を完了すると、VMware Workstation を使用して仮想マシンに Windows 11 をインストールできるようになります。(このタスクを完了するには、このビデオ チュートリアルも参照してください)。



Windows 11 で WSL のバージョンを確認する方法

Windows 11 で WSL のバージョンを確認する方法

Windows 11 では、コマンド プロンプトでこのコマンドを実行すると、インストールされている WSL のバージョンをすばやく確認できます。

Windows 11 で画面解像度を変更する方法

Windows 11 で画面解像度を変更する方法

Windows 11 の画面解像度を変更するには、[設定] > [システム] > [ディスプレイ] に移動し、[ディスプレイの解像度] 設定を使用します。これが方法です。

MSEdgeRedirect は、Edge が Windows 11 で特定のリンクをハイジャックするのをブロックします

MSEdgeRedirect は、Edge が Windows 11 で特定のリンクをハイジャックするのをブロックします

MSEdgeRedirect を使用すると、Windows 11 のデフォルトとして別のブラウザーを使用している場合に、Edge が特定のリンクをハイジャックするのを防ぐことができます。

マイクロソフト、Windows 10 のメール アプリを One Outlook クライアントに置き換える

マイクロソフト、Windows 10 のメール アプリを One Outlook クライアントに置き換える

One Outlook は、メール & カレンダー アプリ、Outlook デスクトップ、および Outlook Web Access に代わる新しいメール クライアント エクスペリエンスです。詳細はこちら

Windows 10 でスタート メニュー アプリの一覧を表示または非表示にする方法

Windows 10 でスタート メニュー アプリの一覧を表示または非表示にする方法

Windows 10 には、[スタート] メニューのアプリ リストを表示または非表示にするオプションがあり、このガイドでは、設定の使用方法を学習します。

Windows 10 で Bluetooth をオンにする方法

Windows 10 で Bluetooth をオンにする方法

これらは、設定アプリとアクション センターを使用して、Windows 10 で Bluetooth をすばやく有効にする簡単な手順です。

Windows 10 の環境変数の完全なリスト

Windows 10 の環境変数の完全なリスト

Windows 10 でオペレーティング システム内の特定の場所にすばやくアクセスするために使用できる環境変数の完全なリストを次に示します。

Windows 10 で静的 IP アドレスから動的 IP アドレスに変更する方法

Windows 10 で静的 IP アドレスから動的 IP アドレスに変更する方法

静的 IP アドレスを使用していますか? Windows 10 で動的 (DHCP) 構成に切り替える 4 つの方法を次に示します。

Windows 10 で PowerShell を使用してドライブをフォーマットする方法

Windows 10 で PowerShell を使用してドライブをフォーマットする方法

PowerShell を使用して Windows 10 でドライブを適切にフォーマットするには、Clear-Disk、New-Partition、Format-Volume、および Set-Partition コマンドを使用します。

Windows 11 のタスクバーでアプリ バッジ通知を無効にする方法

Windows 11 のタスクバーでアプリ バッジ通知を無効にする方法

Windows 11 では、タスクバーのアプリのバッジ通知カウンターを [設定] でオフにすることができます。これが方法です。