Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

これは、MicrosoftTeamsのライブイベントについて学ぶための完全なガイドです。

Microsoftチームでライブイベントを学びたい場合は、この新しいガイドを気に入るはずです。

すぐに飛び込みましょう。

1 Microsoftチームのライブイベントとは何ですか?

2チームのライブイベントを有効にするにはどうすればよいですか?

3ライブストリーミング-基本

4つのライブイベントタイプ

4.1チームを使用したライブイベントの作成

4.2外部放送機器を使用したライブイベントの制作

5チームのライブイベントと会議

6イベントグループの役割

7システム要件とサポートされるプラットフォーム

7.1サポートされているチームプラットフォーム

8チームでライブイベントを作成するにはどうすればよいですか?

8.1Teamsライブイベントのスケジュール

8.2キャプション*

8.3ライブキャプションと字幕を設定する

8.4チームのライブイベントに参加者を招待する

8.5Teamsライブイベントを作成する

8.6Teamsライブイベントへの参加

8.7MicrosoftTeamsのライブイベントの記録とレポート

8.8参加者はどのようにしてチームのライブイベントに参加しますか?

9つのMicrosoftチームのライブイベントの制限

10の役立つビデオ

11チームのライブイベントQ&A

11.1 Q&Aを開くまたは閉じる

11.2質問に答える

11.3発表する

12レポートのエクスポート

13地域の可用性

14マイクロソフトによるライブイベントアシスタンス

14.1ライブイベント支援プログラムとは何ですか?

14.2プログラムには何が含まれていますか?

14.3プログラムに含まれていないものは何ですか?

14.4どのようにサインアップしますか?

14.5いつ支援が利用できますか?

Microsoftチームのライブイベントとは何ですか?

  • Microsoft Teamsのライブイベントは、最大10,000人の参加者にブロードキャストするように設計されており、より難しいツールであり、正式なトレーニングが必要です。参加者が200人未満の会議を開催する場合は、TeamsMeetingsを使用することをお勧めします。
  • Microsoft Teamsのライブイベントを使用すると、オンラインで大勢の視聴者にイベントをスケジュール、作成、およびブロードキャストできます。
  • Microsoft Teamsのライブイベントは、Microsoft Teams Meetingsとは異なり、大規模なグループへの片道通信が主に最大10,000人の参加者に対応できるという点で異なります。
  • Microsoft Teamsのライブイベントは1対多のコミュニケーションであり、イベントのホストが対話を主導し、視聴者の参加は主にホストが共有するコンテンツを表示することです。

チームのライブイベントを有効にする方法は?

チームのライブイベント設定を使用して、組織で開催されるライブイベントの設定を構成します。サポートURLを設定し、サードパーティのビデオ配信プロバイダーを構成できます。これらの設定は、組織で作成されるすべてのライブイベントに適用されます。

  • MicrosoftTeams管理センター」に移動します
  • 会議」を選択し、「ライブイベントポリシー」を選択します
  • グローバル(組織全体のデフォルト)ポリシー」を編集するか、カスタムポリシーを作成します
  • ポリシー内で、 ライブイベントのスケジュール を有効にし、ニーズに応じて、 スケジュールされたライブイベントに参加できる特定の対象者を 構成する必要があります。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

  • 次に、 チーム管理センターで[ユーザー]を選択し、ユーザーが割り当てられているポリシーを確認して、ポリシーがユーザーに割り当てられていることを確認します。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

ライブストリーミング-基本

以下は、ライブストリーミングに関係する主なコンポーネントと、それらがTeamsのライブイベントにどのように関連しているかを示しています。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

ユーザーが視聴者と共有したいコンテンツから始めます。これはおそらく次の組み合わせです。

  • ライブビデオ
  • 録画済みビデオ
  • 画面共有
  • リモートプレゼンター

使用している追加のハードウェア(ある場合)によっては、チームを使用してミキシングおよびエンコード機能を提供する場合があります。または、外部アプリまたはデバイスを使用して生成されるブロードキャストを制御するだけです。

次に、Azure Media Servicesをバックボーンとして使用して、イベントがMicrosoftStreamによってストリーミングされます。

次に、コンテンツはコンテンツ配信ネットワーク(CDN)(この場合はAzure)を通過します。これは、サードパーティの最適化と統合して、大規模なサイトへの帯域幅を削減できます。

最後に、コンテンツはTeamsの参加者によって監視されます。次の図は、Microsoft365ライブイベントに関連する高レベルのコンポーネントとそれらの接続方法を示しています。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

ライブイベントの種類

ライブイベントを作成する方法は2つあります。

制作ツール 説明
チーム ラップトップを接続して移動します…Teamsを使用してライブイベントを作成します。これは、イベントを作成し、プレゼンターとパネリストを自分のデバイスに招待するための軽量オプションです。
外部アプリまたはデバイス プロのカメラとサウンドのセットアップMicrosoftStreamを介して外部ハードウェアまたはソフトウェアエンコーダーを使用してライブイベントを生成します。RTMPサービスへのストリーミングをサポートする実稼働セットアップ(メディアミキサーなど)が既にある場合は、このオプションを使用します。この方法は通常、メディアミキサーからのストリームが視聴者に放送される市庁舎などの講堂イベントで使用されます。

Teamsを使用したライブイベントの作成

チームを使用して、コンテンツを作成および混合できます。プロデューサーの観点からは、Teamsで作成されたライブイベントは、標準のビデオ会議と同じように表示および操作されます。ただし、プロデューサーがライブフィードとして使用するビデオおよびコンテンツソースを選択する点が異なります。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

外部放送機器を使用したライブイベントの制作

外部アプリまたはデバイスを使用して生成されたライブイベントは、ハードウェアまたはソフトウェアエンコーダーからの単一の事前混合入力を受け取ります。追加のコンテンツソースを外部エンコーダイベントとミキシングすることはできませんが、プロデューサーは既存のシステムのすべてのミキシング機能を使用できます。エンコーダーは、広くサポートされている業界標準であるRTMP取り込みを介して、コンテンツを直接Teamsに送信します。チームの外部で生成されたイベントは、Microsoft Steamを使用してチームに取り込まれます。つまり、参加者は認証されている必要があり、匿名にすることはできません。

チームのライブイベントと会議

Microsoft Teamsで会議を行うには、会議とライブイベントの2つの方法があります。以下は、会うための各方法の詳細です。

  • Teamsでの会議には、最大300人*のオーディオ、ビデオ、および画面共有が含まれます。これらは、Teamsでコラボレーションするための重要な方法の1つです。
  • ライブイベント は、Teamsミーティングの拡張機能であり、最大10,000人の大規模なオンラインオーディエンスにストリーミングするイベントをスケジュールおよび作成できます。300人以上の会議が必要な場合は、ライブイベントを使用してください。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

イベントグループの役割

チームのライブイベントには、イベントをブロードキャストして参加するための複数の役割(主催者、プロデューサー、プレゼンター、および出席者)があります。

役割 責任
主催者 ライブイベントをスケジュールし、イベントを管理する参加者とイベントグループに適切な権限でイベントが設定されていることを確認します。ライブイベントを作成します参加者の権限を設定します制作方法を選択しますイベントオプションを構成します(たとえば、モデレートされたQ&A)参加者を招待しますイベントグループのメンバーを選択しますイベント終了後に生成されたレポートを管理します詳細については、 主催者のチェックリストを参照してください。重要: Teams Live Eventを整理するには、LiveEventsポリシーを許可する必要があります。
プロデューサー ホストとして、ライブイベントストリームを制御することにより、参加者が素晴らしい視聴体験を楽しめるようにします。ライブイベントを開始および停止します。独自のビデオを共有します。参加者のビデオを共有します。アクティブデスクトップまたはウィンドウを共有します。レイアウトを選択します。
プレゼンター オーディオ、ビデオ、または画面をライブイベントに提示するか、Q&Aをモデレートします。注: プレゼンターは、Teamsで作成されたライブイベントでのみ、オーディオ、ビデオ、または画面(デスクトップまたはウィンドウ)を共有できます。重要: Teams Liveイベント中にプレゼンテーションを行うには、Microsoft Teams(O365アカウントを使用)ユーザーである必要があります。
参加者 ビューア。匿名または認証されたDVRコントロールを使用して、イベントをライブまたはオンデマンドで視聴します。Q&Aに参加できます。重要:参加者は、Teams Live Eventに参加するために、ライセンスを取得したMicrosoftTeamsユーザーである必要はありません。

注:ライブイベントに参加するイベントグループのメンバーが1人いることが重要です。これにより、視覚、音声、クローズドキャプション機能などの技術的な問題をイベントグループに伝えることができます。

システム要件とサポートされるプラットフォーム

  • サポートされているオペレーティングシステム: Windows 10以降(32ビットおよび64ビット)、macOSX10.10以降
  • サポートされているモバイルオペレーティングシステム: Android 4.4以降、iOS10以降
  • サポートされているWebブラウザー: Chrome(最新の3バージョン)、Edge RS2以降、Firefox(最新の3バージョン)、InternetExplorer11。

サポートされているチームプラットフォーム

チームでライブイベントを作成するにはどうすればよいですか?

TeamsLiveイベントをスケジュールする

  • [チーム]で、[ カレンダー]、[新しい会議]の 順 に選択します。
  • スケジューラの上部で、[ 新しい会議]  >[ 新しいライブイベント]を選択します。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

  • 会議のタイトル、日時情報、およびその他の詳細を追加します。
  • イベントグループにユーザーを招待する] ボックスに、イベントグループの名前(イベントを提示および作成するユーザー)を追加し ます。イベントグループは、組織内外の誰でも構成できます。この時点では参加者を招待しないでください。後で共有するためのリンクが表示されます。
  • [次へ]を選択 します。
  • [ライブイベントの権限]で 、ライブイベントに参加できるユーザーを選択します。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

  • [イベントをどのように制作する予定ですか?]で選択します。
    • チームで制作している場合:

  • [スケジュール]を選択  して、イベントを自分とイベントグループのカレンダーに追加します。

注:イベントがスケジュールされたら、必ずTeamsで変更を加えてください。Outlookでこのイベントを編集しないでください。

キャプション*

ライブイベントの参加者は、話されている言語に加えて、最大6つの言語でライブキャプションと字幕を表示できます。プレゼンターは50以上のリストから6つの言語を選択できます。

ライブキャプションと字幕を設定する

イベントのライブキャプションと字幕を設定するには、イベントをスケジュールするときに[キャプション]ボックスを選択します。

注:ライブキャプションと字幕は、Teamsを使用して作成されたライブイベントでのみ使用できます。[メニューに翻訳]を使用して、参加者が話し言葉に加えてキャプションと字幕を選択できる最大6つの言語を追加します。たとえば、話されている言語が英語で、オランダにオフィスがあることがわかっている場合は、オランダ語(オランダ)を選択して、オランダ語でキャプションを取得できるようにします。参考までにスクリーンショットを以下に示します。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

注:この機能でサポートされている話し言葉には、英語、ドイツ語、中国語が含まれます。

キャプションとサブタイトルを最大限に活用する、プレゼンターはする必要があります

  • はっきりと、ゆっくり、そして直接マイクに向かって話します。
  • バックグラウンドノイズのある場所は避けてください。
  • 複数の人が同時に話すことは避けてください。

TeamsLiveイベントに参加者を招待する

ライブイベントの主催者としてのあなたの責任の1つは、参加者を招待することです。Teamsでライブイベントをスケジュールすると、カレンダーの招待状がイベントチームのメンバーにのみ送信されます。

  • [チーム]  で、アプリの左側にある[カレンダー]を選択します。
  • ライブイベントを選択します。
  • Teamsで作成されるイベントの場合は、[ 参加者にリンクを取得]を選択 して、ライブイベントリンクをコピーし、参加者と共有できるようにします。
    • Outlookカレンダーを開き、リンクを新しい招待状に貼り付けます
    • Teamsミーティングを介して参加者を招待しないでください。新しいTeamsミーティングには、独自のミーティングリンクがあります

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

TeamsLiveイベントを作成する

  • [カレンダー]、 [ライブイベント ]の順に選択 し、[参加]を選択します。
    • 左側のキュー:これはプレビューです
    • ライブイベント(右側):参加者が見ることができるものです
    • あなた(中央下):オーディオとビデオをオンまたはオフにできる場所です
    • 共有(右下):コンテンツを共有できる場所です
    • すべてミュート(右下):全員をミュートできる場所
  • デスクトップを共有するには
    • [共有]  >[ デスクトップ]  >[ コンテンツ]  >[ ライブ送信]を選択 します。
    • イベントがまだ開始されていない場合は、[ 開始]を選択します。
  • ウィンドウを共有するには
    • [共有]を選択  し、ソーストレイの[ウィンドウ]セクションから 開いているウィンドウの1つを選択し ます。
    • ウィンドウが共有されたら、プロデューサーUIに切り替えます。
    • [コンテンツ] を 選択 してから、[ライブで送信]を選択します。
    • イベントがまだ開始されていない場合は、[ 開始]を選択します。
    • 注: 選択したウィンドウを最小化しないでください。最小化すると、プレビューがキューに表示されなくなります。
  • あなたのビデオを共有するには
    • カメラの電原を入れて。
    • 画面の下部でカメラフィードを選択して、ライブイベント(右側)に送信する前に、キュー(左側)でプレビューします。
    •  プレビューからライブイベントにフィードを送信するには、 [ライブ送信]を選択 します。
    • [開始]を選択  して、参加者へのライブブロードキャストを開始します。
  • イベントを終了するには、[ 終了] -> [終了]を選択します

TeamsLiveイベントに参加する

Teamsクライアントで、招待状を開き、プレゼンターとしてイベントに参加します。準備ができたら、プロデューサーと同じ手順を使用して、必要に応じてビデオやデスクトップ/アプリケーションを共有します。プレゼンターとして、 プロデューサーの基本的な機能の多くを共有しますが、ビデオフィードやライブイベント自体をそれほど制御することはできません。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

MicrosoftTeamsのライブイベントの記録とレポート

  • [チーム]  で、アプリの左側にある[カレンダー]を選択します。
  • ライブイベントを選択して開きます。
  • ライブイベントリソースの下に、ダウンロードするオプションがあります
    • 録画
    • 参加者エンゲージメントレポート
    • Q&Aレポート等
  • すべてがラップトップのダウンロードフォルダにダウンロードされます

注: チームで作成されたライブイベントの記録は、現在MicrosoftStreamに保存されていません。会議の詳細から録音をダウンロードして、イベント後に手動でMicrosoftStreamにアップロードできます。

参加者はどのようにしてチームのライブイベントに参加しますか?

  • イベントに参加するには、ライブイベントのリンクを開きます。
  • Teamsからイベントを開くと、Teamsでイベントに参加できます。
    • 注: ライブイベントでは、MicrosoftTeamsのデバイス設定はまだ使用されていません。オペレーティングシステムのサウンド設定を使用して、ライブイベント用のスピーカーを選択します。
  • Outlookからイベントを開く場合は、Webから参加するか、Teamsでイベントを開くことができます。
  • ライブイベントが開始されていない場合は、「ライブイベントはまだ開始されていません」というメッセージが表示されます。
  • ブラウザ
    • Webでのライブイベントに参加する場合は、Chrome、Firefox、Edgeなどのメディアソース拡張機能(MSE)対応のWebブラウザーを使用してください。Safariは現在サポートされていません。
  • ビデオ解像度
    • ライブイベントが低解像度で始まる場合は、手動で高解像度にリセットする必要があります。

Microsoft Teamsのライブイベントを機能させる方法(2022)

  • 後でライブイベントを見る
    • ライブイベントが終了した後でも、主催者がレコーディングを利用可能にすることを選択した場合は、同じリンクを使用してレコーディングを視聴できます。

MicrosoftTeamsのライブイベントの制限

容量 Teamsで作成されたイベント
最大オーディエンスサイズ 10,000人の参加者1
ライブイベントの最大期間 4時間1
ライブイベントのプレゼンターとプロデューサーの最大数 10 
Microsoft365またはOffice365組織ごとの同時ライブイベントの最大数 151
ライブイベントの作成 チーム、チーム経由のYammer
視聴者の関与– Yammer ✔(統合された経験)
視聴者の関与–中程度の質疑応答
Windows上のプロデューサークライアント ✔(チーム)
Macのプロデューサークライアント ✔(チーム)
プロデューサーUIの参加者数 ✔(チーム)
複数のプレゼンターを許可します ✔(チーム)
会議中にプレゼンターを招待する
プレゼンターがWebとモバイルに参加
外部アクセス(フェデレーション)およびゲストプレゼンター/出席者 ✔(チーム)
プレゼンター–PSTNアクセス ✔(チーム)
画面を表示する ✔(チーム)
Windowsでシステムオーディオを共有する(画面共有時にのみ使用可能) ✔(チーム)
PowerPointを提示する(PPT共有) ❌(画面共有により軽減)
クラウドベースの会議の記録
録音をストリームに自動公開
ライブキャプションと字幕
ライブイベントレコーディングのキャプション
参加者のDVRコントロール(一時停止、巻き戻し)
パートナーeCDNサポート ✔(コレクティブ、ハイブ)
Post-broadcast attendance report for Producers
Audience Sentiment Analysis – Live voting & polls

Helpful Videos

Teams live event Q&A

When a live event is created with a Q&A option, the Q&A is open by default and attendees can start asking questions even if the event hasn’t started. These questions are only visible to moderators until they publish them to the event.

Open or close the Q&A

  • To display or hide the Q&A panel, click the Q&A button on the top right side of the screen.
  • Once the Q&A panel is open you can toggle the Open/Close switch turn the Q&A function off and on.

Answer Questions

Questions from attendees will appear in the Q&A panel, by default they are private and not seen by other participants.

  • Select a question you want to answer by clicking on it and type in your answer. Questions are private by default.
  • Click the Publish button to answer publicly.
  • Click the Send button to answer privately.

Make announcements

To make announcements through the Q&A function follow the below steps.

  • Click the Make an Announcement button at the bottom of the Q&A panel
  • Type in your announcement and click the Send button
  • Click the Send button

Export reports

You can export the transcript, attendee list and Q&A report from a live event using the following steps.

  • Launch “Microsoft Teams Admin Center
  • Select “Analytics & Reports
  • Select “Usage Reports
  • Report = Teams live event usage
  • Date Range =  7 days
  • Click “Run report
  • Select the live event
  • Click on the links to download the report
    • Transcript
    • Attendee
    • Q & A report

Regional Availability

You can use Teams live events in multiple regions across the world. The following information shows availability for event team members and attendees.

Note: The region for the event is automatically selected depending on the organizer and the Microsoft 365 tenant location.

Available in these regional data centers:

  • North America
  • Central America
  • South America
  • Asia Pacific
  • Europe/Africa

Data location for these countries/regions (supported)

  • Australia
  • Canada
  • India
  • Japan
  • United Kingdom

These countries/regions and clouds aren’t supported (what does this mean?)

  • Germany
  • France
  • Norway
  • South Africa
  • South Korea
  • Switzerland
  • UAE
  • Government Community Cloud (GCC)-H
  • DOD

Exclusions and Considerations:

  • Data location: Teams data locations, outside of the ones listed above, are not currently supported.
  • China: Event team members and attendees will not be able to use Teams live events because Azure CDN is not accessible in China. A workaround is to use a company VPN connection, which gets the client connected to CDN via the customer’s corporate network.

Live Event Assistance by Microsoft

What are the live events assistance program?

Live Events Assistance is a program designed to help you with your live events. Whether you are new to hosting live events or just need some extra help. Microsoft can help you get more familiar with setting up and running a live event and be directly available during a live event to help if any questions or issues come up.

What does the program include?

Before an event:

  • Educate you on how Microsoft live events work across Teams, Yammer, and Stream
  • Guide you to the service to use based on your needs
  • Review best practices for coordinating, producing, and running an event
  • Validate current setup and configuration
  • Plan logistics for rehearsal and upcoming event
  • Answer additional questions

Rehearsing for an event:

  • Help producer check event setup and associated technology (where applicable)
  • Help producer run a test event to check audio/video feeds
  • Review producer and presenter controls
  • Answer questions from the producer, event team, and stakeholders

During an event:

  • Help producer check event setup and associated technology (where applicable)
  • Help producer check audio/video before going live
  • Available to answer producer/event team questions via chat/phone
  • If issues are identified, help provide next steps toward investigation and mitigation

What is not included in the program?

Due to the nature and complexity of live events that cross the corporate network, eCDN providers, encoders, cameras, Microsoft services, end users’ devices, and available bandwidth, the Microsoft live events assistance offering cannot guarantee that events won’t run into issues at one of the above layers.

Additionally, it is possible that Microsoft may not be able to mitigate the issue during the event. Your assigned live event assistance support engineer will proactively offer suggestions and best practices to avoid such situations and provide next steps toward mitigation if encountered.

How do we sign up?

  • Create your new live event using Microsoft live events on Teams.
  • Provide as much advance notice as possible since capacity is limited during the preview (first come, first serve)
  • Fill out this form with specifics about the upcoming event: aka.ms/LiveEventAssist

A live event assistant will contact you in 1-2 business days and try their best to accommodate your preferred date/time.

When is assistance available?

  • Microsoft live events assistance is provided in English.
  • マイクロソフトのライブイベント支援サポートチームは、エンゲージメントに利用できます(24/5):
  • 月曜日(09:00 AM PDT)から金曜日(06:00 PM PDT)

これが、MicrosoftTeamsのライブイベントの仕組みです。

今ではあなたの番です:

今日のガイドのどの戦略を最初に試しますか?あるいは、私が取り上げた何かについて質問があるかもしれません。

今すぐ下に簡単なコメントを残して私に知らせてください。

生産性を向上させるためにMicrosoftTeamsのエクスペリエンスを向上させたいですか?ここに記載されているヒントとコツを確認してください。



教師のためのMicrosoftTeamsの9つの秘密

教師のためのMicrosoftTeamsの9つの秘密

教師向けのMicrosoftチームは、生徒と同僚や教師をつなぐ共同教室の開発と促進をサポートしています。

Microsoft Teams Cisco Integration:完全ガイド(2022)

Microsoft Teams Cisco Integration:完全ガイド(2022)

これは、MicrosoftTeamsのCisco統合について学ぶための完全なガイドです。シスコとマイクロソフトチームの統合について学びたい場合は、この新しいガイドを気に入るはずです。

チームのホワイトボード:ベストガイド(2022)

チームのホワイトボード:ベストガイド(2022)

チームでホワイトボードを使用する方法。MicrosoftTeamsのホワイトボードとは何ですか。msチームのホワイトボードアプリの制限...

知っておく必要のあるMicrosoftTeamsフィルターのすばらしいヒント(2022)

知っておく必要のあるMicrosoftTeamsフィルターのすばらしいヒント(2022)

知っておく必要のあるMicrosoftTeamsフィルターのすばらしいヒント。Microsoftチームにはビデオフィルターがありますか?Microsoftチームでフィルターを取得するにはどうすればよいですか?追加できますか...

Microsoft Teamsで小会議室を設定するための簡単なガイド(2022)

Microsoft Teamsで小会議室を設定するための簡単なガイド(2022)

Microsoft Teamsアプリで小会議室を即座に設定するにはどうすればよいですか?MicrosoftTeamsの小会議室にチャネルを使用する。チャネルの設定..。

Microsoft Teams Update:強力なガイド(2022)

Microsoft Teams Update:強力なガイド(2022)

MicrosoftTeamsの強力なガイドが更新されます。Microsoft365チームの更新スケジュールについて説明します。Microsoftチームは更新されていません。ms teamアプリを強制的に更新するにはどうすればよいですか?

MS Teams Shifts:知っておくべきことすべて(2022)

MS Teams Shifts:知っておくべきことすべて(2022)

今日は、MSチームのシフトがスケジュール管理に役立つツールである理由を説明します。MSTeamsShiftsはスケジュール管理ツールです...

チームミーティングの小会議室:新しいガイド(2022)

チームミーティングの小会議室:新しいガイド(2022)

チームの小会議室は、会議の主催者のみが管理できます。会議室を設定するには、会議に参加してオプションを確認する必要があります。

Microsoft Teamsでポテトに変える方法(2022)

Microsoft Teamsでポテトに変える方法(2022)

MicrosoftTeamsでジャガイモに変える方法。この記事では、MicrosoftTeamsの会議にフィルターを追加する方法について説明します。設定をオフにする方法。

Microsoft Teamsの使用方法(2022)

Microsoft Teamsの使用方法(2022)

これは、驚異的なタスク追跡アプリケーションであるMicrosoftTeamsの実行方法を学ぶための完全なガイドです。隠された宝石がたくさんあります...