MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

Teamsにログインしようとすると、エラーコード80090030が画面にポップアップすることがあります。このエラーは、「この暗号化プロバイダーに必要なデバイスを使用する準備ができていない」ことを示しています。

これは通常、Windows10コンピューターがMicrosoftの資格情報を保存または取得できない場合に発生します。資格情報マネージャーからすべての資格情報を削除することは、この問題を解決するための1つの可能な方法です。このエラーのトラブルシューティングに使用できる方法を詳しく見ていきましょう。

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正するためのソリューション

クレデンシャルマネージャーからチームを削除する

Windows 10 Credential ManagerからTeamsログインをクリアし、このソリューションが機能するかどうかを確認します。

Windowsの検索バーに移動し、「クレデンシャルマネージャー」と入力します。'Enterキーを押します。

次に、[ Windowsクレデンシャル]を選択し、チームのクレデンシャルまで下にスクロールします。MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

Teamsのログイン情報を選択し、[削除]ボタンをクリックします。MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

コンピュータを再起動してください。Teamsを起動し、今すぐログインできるかどうかを確認します。

TPMファームウェアを更新します

Teamsエラーコード80090030は、コンピューターのトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)が誤動作した場合に発生します。TPMファームウェアを更新し、エラーがなくなったかどうかを確認します。

新しいTPMファームウェアの更新を適用する前に、Windows10のバージョンを更新する必要があります。行く[設定]アップデートとセキュリティWindows Updateをしてをクリックして更新を確認

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

次に、デバイスの製造元のWebサイトから最新のTMP更新プログラムをインストールします。詳細については、Microsoftのサポートページにアクセスしてください

または、デバイスマネージャを起動 して[セキュリティデバイス]を選択することもできます。次に、トラステッドプラットフォームモジュールを選択し、[ドライバーの更新]をクリックします

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

レジストリ設定でEnableADALキーを作成する

マシンで最新の認証を有効にすると、この問題の解決に役立つ場合があります。これがあなたがそれをする方法です。

Windows + Rキーを押し、regeditと入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを起動します。

次に、HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 16.0 \ Common \ Identityに移動します。

識別キーを右クリックして、[新規] → [ REG_DWORD ]を選択します。新しいキーにEnableADALという名前を付けます。その値を0(ゼロ)のままにします。MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

コンピューターを再起動し、Teamsアカウントにログインできるかどうかを確認します。

シークレットモードを使用してログインする

または、Webアプリからログインしてみてください。ブラウザで新しいシークレットタブまたはプライベートタブを起動し、teams.microsoft.comにアクセスします。アカウントにサインインできるかどうかを確認してください。

他のユーザーは、次の方法を使用して問題を解決しました。

ブラウザのキャッシュ、履歴、Cookieをクリアします

次に、ブラウザに保存されているすべてのチームとオフィスのパスワードを削除します

サインアウトしてTeamsをアンインストールします。コンピュータを再起動してください。

アプリをもう一度ダウンロードしてください。

新しいユーザーアカウントを作成する

上記の方法のいずれも機能しない場合は、新しいWindows10ユーザーアカウントを作成します。

移動設定アカウントファミリー&他のユーザー

次に、[このPCに他の人を追加する]をクリックします。MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

[このユーザーのサインイン情報がありません]を選択し、Microsoftアカウントのないユーザーを追加しますMicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

画面の手順に従って、プロセスを完了します。新しいアカウントで同じTeamsの問題が発生しているかどうかを確認します。

最後の手段として、Teamsをアンインストールします。[コントロールパネル]に移動し、[プログラムのアンインストール]を選択して、[チーム]を選択します。次に、[アンインストール]ボタンをクリックします。

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

MicrosoftからTeamsアプリの新しいコピーをダウンロードします。マシンにアプリをインストールします。

結論

Microsoft Teamsエラー80090030は、デスクトップアプリがアカウントにログインできなかったことを示します。これは、古いTPMバージョンまたは競合する設定が原因である可能性があります。

このガイドに記載されている解決策が、Teamsエラー80090030の修正に役立つことを願っています。どの方法が効果的かをお知らせください。以下にコメントをお寄せください。



MacのMicrosoftTeamsアプリでの「設定エンドポイントへの接続に失敗しました」エラーの修正

MacのMicrosoftTeamsアプリでの「設定エンドポイントへの接続に失敗しました」エラーの修正

これを修正するのは本当に簡単ですが、見つけるのに時間がかかったので、それを世界と共有して、他のストレスを軽減できると思いましたか?

人々はMicrosoftTeamsのミュートであなたの声を聞くことができますか?

人々はMicrosoftTeamsのミュートであなたの声を聞くことができますか?

Teamsで自分自身をミュートすると、他の会議参加者はあなたの声を聞くことができなくなります。Teamsマイクをミュートしても、システムマイクがオフになっているわけではありません。

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのすべてのヒント

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのすべてのヒント

Teams管理者、チャンピオン、またはパワーユーザーの場合、役割の一部がMicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスの向上に役立つ可能性があります。

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンス

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンス

Microsoft Teamsは、2019年後半からMicrosoftから推奨されるコラボレーションプラットフォームになりました。SkypeforBusinessのユーザーをTeamsに移行することに加えて、Microsoftは、COVID-19の大流行が始まってからコラボレーションプラットフォームの使用を開始したユーザー向けに多くの新機能も追加しました。このソフトウェアはSlackやZoomに似ていますが、他のMicrosoftツールと緊密に統合されています。

Teamsステータスをアクティブ/グリーン/オンライン/利用可能に保つ方法は?

Teamsステータスをアクティブ/グリーン/オンライン/利用可能に保つ方法は?

手順1:ステータスをTeamsで利用できるようにするコンピューターで、MicrosoftTeamsアプリケーションを開きます。プロファイルアイコンをクリックして、[利用可能]ステータスが選択されていることを確認します。

MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能に設定する方法

MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能に設定する方法

問題は、MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能な状態に保つ方法です。さて、ガイドでは、常に利用可能なステータスを設定するために使用できるいくつかの方法をリストします。

Microsoft TeamsAwayステータスをブロックする方法

Microsoft TeamsAwayステータスをブロックする方法

ユーザーがMicrosoftTeamsにサインインしていて、別のアプリで作業しているときにアプリが最小化されている場合、ユーザーのステータスは[利用可能]から[退席中]に変わります。

MicrosoftTeamsで時間を変更する方法

MicrosoftTeamsで時間を変更する方法

他のコミュニケーションアプリと同様に、MicrosoftTeamsには独自の可用性ステータスを設定するオプションがあります。これは、現在オンラインであるか、他のことをするのに忙しいのかを同僚に知らせるのに役立ちます。

Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Microsoft Teams LiveがSendliveコマンドの実行に失敗したと言った場合、これは十分なアップロード帯域幅がないことを示しています。

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

Microsoft Teamsは現在、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、およびSafariのWebブラウザーをサポートしています。

Microsoft Teamsを使用してあなたをスパイすることはできますか?

Microsoft Teamsを使用してあなたをスパイすることはできますか?

あなたの雇用主はあなたがチーム内で何をしているかを監視することができます。また、会話を記録したり、通話を録音したりすることもできます。

Microsoft Teams:チームメンバーのリストをエクスポートする

Microsoft Teams:チームメンバーのリストをエクスポートする

チームメンバーのリストをエクスポートするには、主に2つの方法があります。スクリプトを実行するか、そのチームのメンバーをメールの受信者として追加することができます。

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

Teamsまたはその他のOffice365アプリにサインインすると、エラーコードcaa20003が発生します。ログインが許可されていないことを示します。

Microsoft Teams:ドキュメントを一緒に処理する方法

Microsoft Teams:ドキュメントを一緒に処理する方法

Microsoft Teamsを使用すると、複数のユーザーが同じドキュメントで同時に作業できます。各ユーザーは、異なるドキュメントセクションで作業します。

Microsoft Teams:新しいチャットメッセージが表示されない

Microsoft Teams:新しいチャットメッセージが表示されない

新しいチャットメッセージがMicrosoftTeamsに表示されない場合は、ネットワーク接続を確認してサインアウトしてください。次に、再度サインインします。

チーム:会議診断のログを有効にする

チーム:会議診断のログを有効にする

Microsoft Teams Logging For Meeting Diagnosticsの主な目的は、Teamsが意図したとおりに機能しなかった状況を特定することです。

MicrosoftTeamsのステータスがスタックしている問題を修正する方法

MicrosoftTeamsのステータスがスタックしている問題を修正する方法

Microsoft Teamsのステータスが動かなくなった場合は、リセットオプションを使用するか、終日の会議を設定してから削除してください。

Microsoft Teams:ホワイトボードを開いて使用する方法

Microsoft Teams:ホワイトボードを開いて使用する方法

Microsoft Teamsのホワイトボード機能は、組織内でのみ使用できます。少なくとも3人の参加者との会議。

Microsoft Teams:クイズを作成する方法

Microsoft Teams:クイズを作成する方法

Microsoft Teamsでクイズを使用する場合は、Microsoft Formsを使用してクイズを作成し、Teamsに転送できます。

Microsoft Teams でアカウントの画像を変更する方法

Microsoft Teams でアカウントの画像を変更する方法

Microsoft Teams でプロフィール写真を変更するには、アプリを開き、アカウント アイコンをクリックし、[プロフィール写真の変更] をクリックして別の画像を選択します。

終了後にバックグラウンドで実行されている Microsoft Teams を停止する方法

終了後にバックグラウンドで実行されている Microsoft Teams を停止する方法

終了後も Microsoft Teams が実行され続ける場合は、バックグラウンド プロセスがまだアクティブであるためです。オプションを無効にする方法は次のとおりです。

Microsoft Teams でダークモードを有効にする方法

Microsoft Teams でダークモードを有効にする方法

Microsoft Teams には、この配色でアプリを使用する場合のダーク モード オプションが含まれています。これを有効にする方法は次のとおりです。

ホーム ユーザー向けの Microsoft Teams パーソナルが利用可能になりました

ホーム ユーザー向けの Microsoft Teams パーソナルが利用可能になりました

マイクロソフトは、家族や友人とのコミュニケーションや共同作業のための個人使用向けの Teams プラットフォームを発表しました。詳細はこちら。

Microsoft Teams の問題を解決するためにキャッシュをクリアする方法

Microsoft Teams の問題を解決するためにキャッシュをクリアする方法

これらの手順を使用して Microsoft Teams キャッシュ ファイルをクリアし、アプリの問題を修正できます。その方法は次のとおりです。

教師のためのMicrosoftTeamsの9つの秘密

教師のためのMicrosoftTeamsの9つの秘密

教師向けのMicrosoftチームは、生徒と同僚や教師をつなぐ共同教室の開発と促進をサポートしています。

Microsoft Teams Cisco Integration:完全ガイド(2022)

Microsoft Teams Cisco Integration:完全ガイド(2022)

これは、MicrosoftTeamsのCisco統合について学ぶための完全なガイドです。シスコとマイクロソフトチームの統合について学びたい場合は、この新しいガイドを気に入るはずです。

チームのホワイトボード:ベストガイド(2022)

チームのホワイトボード:ベストガイド(2022)

チームでホワイトボードを使用する方法。MicrosoftTeamsのホワイトボードとは何ですか。msチームのホワイトボードアプリの制限...

知っておく必要のあるMicrosoftTeamsフィルターのすばらしいヒント(2022)

知っておく必要のあるMicrosoftTeamsフィルターのすばらしいヒント(2022)

知っておく必要のあるMicrosoftTeamsフィルターのすばらしいヒント。Microsoftチームにはビデオフィルターがありますか?Microsoftチームでフィルターを取得するにはどうすればよいですか?追加できますか...

Microsoft Teamsで小会議室を設定するための簡単なガイド(2022)

Microsoft Teamsで小会議室を設定するための簡単なガイド(2022)

Microsoft Teamsアプリで小会議室を即座に設定するにはどうすればよいですか?MicrosoftTeamsの小会議室にチャネルを使用する。チャネルの設定..。