ズームエラーコード614を修正する方法

ズームエラーコード614は、ディスク容量が少ないためにプログラムが録画の変換に失敗したことを示しています。簡単に言えば、記録を保存するのに十分な空き容量がディスクにありません。

幸いなことに、エラー614は一般的なローカル録音変換の問題ではありません。ほとんどのユーザーは、コンピューターの空き容量を増やすだけで、それを取り除くことができるはずです。

ズームエラー614のトラブルシューティングの解決策

ディスク容量を確認してください

ディスク容量が不足している場合は、ファイルとフォルダをクリーンアップして空き容量を増やしてください。昔から使ったことのないプログラムやアプリから始めましょう。

コントロールパネルを開き、[プログラムと機能]に移動します。ヒットをアンインストールし、あなたが不要になったすべてのプログラムを削除するためのボタンを。ズームエラーコード614を修正する方法

あなたがストアからインストールしたアプリを削除するには、に行く設定アプリアプリ&機能。使用しなくなったアプリを選択し、[アンインストール]を選択します。

ズームエラーコード614を修正する方法

次に、一時ファイル、更新ファイルなどを続行します。ディスククリーンアップを起動し、不要なファイルをすべて削除します。必ず古いOSアップデートファイルを削除してください。数十ギガバイトのデータを消費することがあります。

ズームエラーコード614を修正する方法

⇒ここに役立つヒントがあります

Storage Senseを有効にして、Windowsが不要なファイルを自動的に削除できるようにします。この機能は、一時ファイルを自動的にクリアし、ごみ箱を空にします。

行く設定システム→  ストレージ

StorageSenseをオンに切り替えます。

ズームエラーコード614を修正する方法

言うまでもなく、ビデオや写真をコンピューターに保存しないでください。そのタスクには外付けハードドライブを使用してください。また、ごみ箱を空にすることを忘れないでください。

録音を手動で変換する

Zoomがビデオ録画の変換に失敗した場合は、ファイルを手動で変換できるかどうかを確認してください。

Zoomデスクトップクライアントを起動します。

[会議]タブをクリックします。

次に、[記録済み]タブを選択します。ズームエラーコード614を修正する方法

ローカル録音を選択し、変換ボタンを押します。

CMD経由でzTscoder.exeを実行します

コントロールパネルを起動し、[システムとセキュリティ]に移動します。[システム]を選択します

[システムの詳細設定]をクリックしますズームエラーコード614を修正する方法

次に、[詳細設定]タブ→[環境変数]をクリックしますズームエラーコード614を修正する方法

新しいウィンドウで、[新規]をクリックし zTscoder.exeにつながるパスを追加します。ほとんどのユーザーの場合、C:\ Users \ UserName \ AppData \ Roaming \ Zoom \ binである必要があります。ズームエラーコード614を修正する方法

次に、コマンドプロンプトからzTscoder.exeを実行する必要があります。管理者としてコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行します。

  • cd C:\ Users \ UserName \ AppData \ Roaming \ Zoom \ bin
    • UserNameを実際のユーザー名に置き換えることを忘れないでください。ズームエラーコード614を修正する方法

次のコマンドを入力して、手動ビデオ変換プロセスを起動します。

  • zTscoder.exe「C:\ Users \ UserName \ Documents \ Zoom \ VideoFilePath」を起動します
    • VideoFilePathを実際のユーザー名に置き換えることを忘れないでください。

変換ウィンドウがすぐに画面に表示されます。

:使用しているコマンドの構造に注意してください。startと入力し、zTscoder.exeを追加してから、変換するビデオへのパスを追加します

さあ、ズームエラー614は履歴になっているはずです。



Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Microsoft Teams LiveがSendliveコマンドの実行に失敗したと言った場合、これは十分なアップロード帯域幅がないことを示しています。

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

Microsoft Teamsは現在、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、およびSafariのWebブラウザーをサポートしています。

IE / Edge:コンテンツがブロックされ、セキュリティ証明書が無効

IE / Edge:コンテンツがブロックされ、セキュリティ証明書が無効

Microsoft Edgeが、アクセスしているWebページの有効なセキュリティ証明書を検出しない場合、MicrosoftEdgeはそれをブロックします。

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

Teamsまたはその他のOffice365アプリにサインインすると、エラーコードcaa20003が発生します。ログインが許可されていないことを示します。

ズームエラー1005のトラブルシューティング

ズームエラー1005のトラブルシューティング

ズームエラー1005は、ネットワーク接続の問題により、アプリのインストールまたは起動が妨げられていることを示しています。

チーム:同じ名前のファイルがすでに存在します

チーム:同じ名前のファイルがすでに存在します

すべてのファイル名は一意である必要があります。そうしないと、Microsoft Teamsでこのエラーが発生します:同じ名前のファイルが既に存在します。

MicrosoftTeamsがファイルをダウンロードしない問題を修正

MicrosoftTeamsがファイルをダウンロードしない問題を修正

ファイル名またはフォルダ名に無効な文字が含まれている場合、MicrosoftTeamsはそのファイルをダウンロードできません。

MicrosoftTeamsの絵文字が機能しない

MicrosoftTeamsの絵文字が機能しない

Microsoft Teamsのリアクションピッカーが機能しない場合は、キーボードショートカットを使用してメッセージに絵文字を挿入してみてください。

MicrosoftTeamsエラーcaa70007のトラブルシューティング

MicrosoftTeamsエラーcaa70007のトラブルシューティング

エラーコードcaa70007は通常、ユーザーがMicrosoftTeamsを起動したときに表示されます。ただし、ログインプロセスがスタックして失敗した場合にも発生する可能性があります。この問題は

Thunderbirdエラー:サーバーへの接続がリセットされました

Thunderbirdエラー:サーバーへの接続がリセットされました

Thunderbirdは、電子メールサーバーへの接続がリセットされたことを示すエラーをスローする場合があります。問題を解決するには、ウイルス対策を無効にしてください。

Microsoft Teamsの修正:ここからはアクセスできません

Microsoft Teamsの修正:ここからはアクセスできません

Microsoft Teamsエラーここからアクセスできない場合は、ログインに失敗したことを示しています。このエラーは、組織が管理するアカウントに固有のものです。

ズームエラーを修正する方法5000、5003、5004

ズームエラーを修正する方法5000、5003、5004

ズームエラー5000、5003、および5004は、ネットワーク設定が正しくないためにコンピューターがZoomsサーバーに接続できなかったことを示します。

Microsoft Teams:AADSTSエラーに対処する方法

Microsoft Teams:AADSTSエラーに対処する方法

Microsoft TeamsAADSTSエラーは本当に紛らわしいです。AADSTSは、Azure Active Directory(Azure AD)セキュリティトークンサービス(STS)の略です。

OneDrive:Officeファイルの変更をマージできませんでした

OneDrive:Officeファイルの変更をマージできませんでした

OneDriveがOfficeファイルの変更をマージできなかったと言う同期の問題に直面していますか?自動保存をオフにします。

WhatsApp:ファイル形式はサポートされていません

WhatsApp:ファイル形式はサポートされていません

WhatsAppを介して写真、ビデオ、またはその他のファイルを送信できない場合、ファイル形式がサポートされていない可能性があります。または、これは一時的な不具合である可能性があります。

OneNote同期エラー0xE40200B4のトラブルシューティング

OneNote同期エラー0xE40200B4のトラブルシューティング

OneNoteがエラーコード0xe40200b4と同期できない場合は、このガイドに記載されているトラブルシューティング手順に従ってください。

Disney +にログインできませんか?これらのソリューションを使用する

Disney +にログインできませんか?これらのソリューションを使用する

DisplayPlusユーザーがログインできない場合がある予期しない問題があります。修正方法は次のとおりです。

Windows 10:デバイスに重要な更新がありません

Windows 10:デバイスに重要な更新がありません

Windows 10コンピューターに重要な更新がないという迷惑なアラートにうんざりしていませんか?これを取り除く方法は次のとおりです。

MicrosoftTeamsエラーc02901dfを修正する方法

MicrosoftTeamsエラーc02901dfを修正する方法

エラーコードc02901dfは、MicrosoftTeamsデスクトップアプリで問題が発生してクラッシュしたことを示しています。このエラーは、Windows10コンピューターで発生します。

Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

[投稿]タブは、MicrosoftTeamsに深く統合されています。ユーザーはそれを非表示にしたり、チャンネルから削除したりすることはできません。

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

設定で次の変更を行うことにより、Zoom会議に最適なオーディオを取得します。それらがどれであるかを確認してください。

ズーム:自分の名前を変更する方法

ズーム:自分の名前を変更する方法

すでに参加しているかどうかに関係なく、Zoom会議で名前を変更するのがいかに簡単かをご覧ください。初心者向けのヒント。

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teamsで誰がファイルを開いたかを確認するには、Insightsアプリをインストールし、デジタルアクティビティレポートを使用します。

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

Microsoft TeamsデスクトップアプリがChromebookで動作しない場合は、アップデートを確認し、ラップトップに日付と時刻の設定を自動的に設定させます。

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

その40分の制限時間に対処しなければならないことにうんざりしていませんか?ここでは、それを回避して、追加のズーム分を楽しむためのヒントをいくつか紹介します。

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

Microsoft Teamsがプロファイルの更新に失敗した場合は、Microsoftアカウントページに移動し、ログイン手段として携帯電話番号を削除してください。

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

IT管​​理者は、使用状況レポートを実行するか、Office365eDiscoveryを使用してMicrosoftTeamsから通話履歴データをエクスポートできます。

ズームで全員を同時にミュートする方法

ズームで全員を同時にミュートする方法

Zoomミーティングで全員をミュートする方法と、WindowsおよびAndroidでミュートを解除する方法について知っておくべきことを確認してください。

GoogleMeetビデオを録画する方法

GoogleMeetビデオを録画する方法

必要なときにレビューできるように、GoogleMeetの会議を記録する方法をご覧ください。ただし、覚えておくべきことがいくつかあります。