修正:MicrosoftTeamsセキュリティゾーン設定エラー

修正:MicrosoftTeamsセキュリティゾーン設定エラー

修正:MicrosoftTeamsセキュリティゾーン設定エラー

オフィスで同僚と一緒に仕事をすることになると、現代では、あなたを助けるためのコラボレーションツール訴えるように求められます。これらのツールには通常、インスタントメッセージング機能、ファイル転送、プロジェクト管理、および制御機能などが含まれます。

これらすべてを提供するサービスの1つに、Microsoft Teamsがあります。これは、Microsoft Office Suiteを使用する企業だけでなく、非常に人気があります。

ただし、MicrosoftTeamsには独自のグリッチがかなりあります。たとえば、一部のユーザーは、MicrosoftTeamのセキュリティゾーン設定に関連するエラーメッセージを受信したと報告しています。

I can’t use the new Teams and Skype Admin Center from either IE or Edge. Had to use Chrome. I keep getting a Security Zone error. I’ve added the domains in IE (don’t know where to do it in Edge) but still got the same error. Ditching both Microsoft browsers and using Chrome instead.

Security zone setting error
Please make sure these two domains are added to the trusted sites in IE or Microsoft Edge: https://admin.teams.microsoft.com and https://login.microsoftonline.com.
If you are using other browsers, please close all browser windows and try again.

修正:MicrosoftTeamsセキュリティゾーン設定エラー

修正:MicrosoftTeamsセキュリティゾーン設定エラー

これは、頻繁に表示される可能性のあるエラーメッセージです。そのため、このステップバイステップガイドをまとめました。このガイドでは、それを取り除くために何をする必要があるかを正確に示しています。

Microsoft Teamsセキュリティゾーン設定エラーを修正するにはどうすればよいですか?

1. MicrosoftEdgeを使用している場合

  1. [開始]をクリックします
  2. 入力のInetcpl.cplキーを押してください
    • [インターネットのプロパティ]ウィンドウが開きます。
  3. [セキュリティ]タブを選択します
  4. 下で信頼済みサイト、をクリックしてくださいサイト
  5. [このWebサイトをゾーンに追加]ボックスに、追加するWebサイトを入力します
    • 私たちの場合、これらは次のようになります。
      • https://admin.teams.microsoft.com
      • https://login.microsoftonline.com修正:MicrosoftTeamsセキュリティゾーン設定エラー

        修正:MicrosoftTeamsセキュリティゾーン設定エラー

  6. [閉じる]をクリックします
  7. MicrosoftEdgeを開く
  8. ウィンドウの右上隅にある3つのドットのアイコンをクリックします。
  9. [設定]を選択します
  10. 行くのインポートまたはエクスポート修正:MicrosoftTeamsセキュリティゾーン設定エラー

    修正:MicrosoftTeamsセキュリティゾーン設定エラー

  11. Internet Explorerを選択し、[インポート]をクリックします
  12. 戻るを クリックします
  13. 下にアカウント、をクリックしてアカウントの設定
  14. 下に他のアプリが使用するアカウント、をクリックしてマイクロソフトアカウントのリンクを追加します。
  15. Microsoftアカウントにサインインします
  16. MicrosoftEdgeウィンドウに戻ります
  17. [デバイス同期設定]リンクをクリックします
  18. 設定の同期オンに切り替えます

このエラーは、Edge Browserの実際のセキュリティ設定が欠落している場合に表示され、https://admin.teams.microsoft.comページとhttps://login.microsoftonline.comページを信頼済みサイトに追加することで解決できます。

残念ながら、Microsoft Edgeに信頼できるWebサイトを追加する機能はまだ利用できないため、唯一のオプションはInternetExplorerからすべての設定をインポートすることです。

注:あなたがMozillaのFirefoxや使用している場合はGoogle Chromeを使用すると、プライベート(お忍び)窓からウェブサイトにログインしてこの問題を解決することができます。これが現在機能する理由についての説明はなく、確かにこれはより多くの回避策ですが、少なくともこの問題は修正されます。

回避策ではなく永続的な解決策である修正を知っていますか?下のコメントセクションで共有して、他のユーザーも試してみてください。


よくある質問

  • Microsoft Teamsはエンドツーエンドで暗号化されていますか?

    Microsoft Teamsはエンドツーエンドの暗号化をサポートしていませんが、組織は2要素認証、Active Directoryを介したシングルサインオン、および転送中と保存中のデータの暗号化を通じてデータを保護できます。

  • Microsoft Teamsでのファイルと会話は安全ですか?

    Microsoft Teamsでのファイル、チャネル、メモ、および会話のセキュリティは、組織が使用しているセキュリティ設定に大きく依存します。Microsoft Teamsでサポートされているすべてのセキュリティ設定を有効にすると、ファイルと会話が完全に安全になります。

  • Office 365をより安全にするにはどうすればよいですか?

    増え続けるセキュリティスレッドを考慮して、Office 365を可能な限り安全にするために必要なことは次のとおりです。多要素認証の有効化、Advanced Threat Protectionの有効化、アラートポリシーの設定、クライアントセキュリティの評価、すべてのブロックセキュリティコンプライアンスに疑問がある場合の外部接続。


修正:MicrosoftTeamsが連絡先を見つけることができない

修正:MicrosoftTeamsが連絡先を見つけることができない

他のサービスからMicrosoftTeamsに連絡先をインポートできない場合は、2つを接続できるプログラムを使用するか、連絡先を手動で追加してください。

タブ設定をMicrosoftTeamsに保存できないというエラー

タブ設定をMicrosoftTeamsに保存できないというエラー

タブ設定をMicrosoftTeamsに保存できなかったというエラーメッセージを修正するには、コードをチェックして、URLが正しく入力されていることを確認してください。

修正:WindowsPCでMicrosoftTeamsファイルがロックされたエラー

修正:WindowsPCでMicrosoftTeamsファイルがロックされたエラー

Microsoft Teamsのエラーファイルがロックされていることを修正するには、最初にSharePointから編集を行うか、Microsoft Teamsを更新するか、MicrosoftOfficeのキャッシュをクリアします。

修正:MicrosoftTeamsチャットで画像を読み込めない

修正:MicrosoftTeamsチャットで画像を読み込めない

Microsoft Teamsで画像ファイルが表示されない場合は、ブラウザのキャッシュをクリアするか、ブラウザを完全に変更することを検討してください。

Microsoft Teamsは会議に接続しませんか?これを試して

Microsoft Teamsは会議に接続しませんか?これを試して

Microsoft Teamsが会議に接続しない場合は、インターネット接続のトラブルシューティングを行い、ファイアウォールがアクセスをブロックしていないことを確認する必要があります。

修正:MicrosoftTeamsメールボックスが存在しない

修正:MicrosoftTeamsメールボックスが存在しない

Microsoft Teamsエラーメールボックスが存在しないを修正するには、OAuth構成を確認するか、Microsoft Teamsをアンインストールして再インストールするか、手動でジョブを返します。

MicrosoftTeamsエラーコード503 [解決済み]

MicrosoftTeamsエラーコード503 [解決済み]

Microsoft Teamsのエラーコード503を修正するには、Microsoft Team Web Client経由でログインし、サービスの問題を確認し、Credential Managerをクリアして、サポートに連絡します。

これらの方法を使用して、MicrosoftTeamsファイルの不明なエラーを修正します

これらの方法を使用して、MicrosoftTeamsファイルの不明なエラーを修正します

Microsoft Teamsのファイル不明エラーを修正するには、チームのサインアウトと再起動、サポートとオンラインコミュニティへの連絡、オンラインオプションでファイルを開く、またはMTを再インストールします。

修正:MicrosoftTeamsエラーコードcaa20004

修正:MicrosoftTeamsエラーコードcaa20004

初回ログイン時にエラーコードcaa20004が表示された場合は、デスクトップクライアントSSOに対してWS-Trust1.3を有効にする必要があります。

プレゼンテーションが機能しない場合、Microsoft Teams DND?理由はここにあります

プレゼンテーションが機能しない場合、Microsoft Teams DND?理由はここにあります

表示が機能していないときにMicrosoftTeams DNDを修正するには、Teamsのステータスが[邪魔しない]に設定されていることを確認します。同じようにフォーカスアシストを有効にすることもできます。

修正:MicrosoftTeamsエラーコードcaa7000a

修正:MicrosoftTeamsエラーコードcaa7000a

Microsoft Teamsにログインしようとしたが、エラーコードcaa7000aが表示された場合は、資格情報とともにプログラムの完全なアンインストールを実行する必要があります。

修正:MicrosoftTeamsがOutlookに表示されない

修正:MicrosoftTeamsがOutlookに表示されない

Outlookの欠落の問題に対するMicrosoftTeamsアドインを修正するには、Outlookおよびプライバシー設定を満たすMicrosoftTeamsでアドインが有効になっていることを確認してください。

修正:MicrosoftTeamsが設定エンドポイントに接続できなかった

修正:MicrosoftTeamsが設定エンドポイントに接続できなかった

Microsoft Teamsリクエストのタイムアウトが設定エンドポイントに接続できなかった問題を修正するには、コンピューターでWindowsとサードパーティのファイアウォールを無効にします。

修正:MicrosoftTeamsの問題が発生しました

修正:MicrosoftTeamsの問題が発生しました

Microsoft Teamsの読み込みがエラーメッセージで失敗する場合は、問題が発生しました。適切な電子メールアドレスを使用していることを確認し、資格情報を確認してください。

Microsoft Teamsの不正な要求エラー?これが簡単な修正です!

Microsoft Teamsの不正な要求エラー?これが簡単な修正です!

Microsoft Teamsの不正な要求エラーを修正するには、読み取り専用の推奨設定を変更し、ファイルの互換性を確認します。Webブラウザーを変更するか、ブラウザーのキャッシュをクリアします。

修正:MicrosoftTeamsの通知が消えない

修正:MicrosoftTeamsの通知が消えない

Microsoft Teamsの通知が消えない場合は、アプリの設定にアクセスし、通知をオフにして、数分待ってから再度オンにします。

修正:MicrosoftTeamsでファイルを削除できない

修正:MicrosoftTeamsでファイルを削除できない

Microsoft Teamsがファイルを削除しない場合は、最初にもう少し待ってから、ブラウザーからキャッシュとCookieをクリアし、以前のバージョンを復元します。

修正:管理者にMicrosoftTeamsを有効にするよう依頼する

修正:管理者にMicrosoftTeamsを有効にするよう依頼する

不足しているMicrosoftTeamsエラーを修正するには、Microsoft Team Licenseをユーザーに割り当ててみてください。ライセンスが有効になっている学生に対して、ゲストモードを有効にしてみてください。

修正:MicrosoftTeamsが起動中にクラッシュする問題

修正:MicrosoftTeamsが起動中にクラッシュする問題

Microsoft Teamsのクラッシュを修正するには、最初にOffice 365管理パネルでTeamsサービスのステータスを確認するか、Microsoft Officeの資格情報をクリアするか、Teamsキャッシュを削除します。

OutlookからWindows10のPeopleアプリに連絡先をインポートする

OutlookからWindows10のPeopleアプリに連絡先をインポートする

PC、タブレット、電話のいずれを使用する場合でも、知り合い全員の連絡先の名前と番号のリストを用意しておくと便利です。あなたがあなたを持ってくる方法がわからない場合

Lumia950およびLumia950 XLのヒント:Hey Cortana

Lumia950およびLumia950 XLのヒント:Hey Cortana

Lumia950またはLumia950 XLの新規所有者の方には、Cortanaと呼ばれる独自の携帯情報端末があります。しかし、あなたはあなたができることを知っていました

Office 365Homeサブスクリプションを家族と共有する方法

Office 365Homeサブスクリプションを家族と共有する方法

Office 365 Homeのサブスクライバーの場合、サブスクリプションの特典を世帯内の最大4人(自分以外)と共有できます。

Windows10を実行するWindowsTo GoUSBドライブを作成する方法

Windows10を実行するWindowsTo GoUSBドライブを作成する方法

このすべてのWindows10ニュースで、私たちの何人かは、MicrosoftがWindows 8、Windows ToGoで私たちに提供した最も素晴らしい機能の1つを忘れていました。持っているという考え

Microsoft Teamsがダウンしている:停止を乗り切る方法

Microsoft Teamsがダウンしている:停止を乗り切る方法

Microsoft Teamsは、エラー500または503で世界中でダウンしています。同社は問題を公式に認めており、修正に取り組んでいます。

OneDriveとSharePointは、組み込みのAutoCADファイルサポートを提供するようになりました

OneDriveとSharePointは、組み込みのAutoCADファイルサポートを提供するようになりました

Windows 10ユーザーは、新しいAutoCAD Webアプリを使用して、SharePointまたはOneDriveから直接DWGファイルを開くことができます。

MicrosoftTeamsのゲストアクセスがデフォルトで有効になりました

MicrosoftTeamsのゲストアクセスがデフォルトで有効になりました

最近の変更後、MicrosoftTeamsのゲストアクセスがデフォルトで有効になりました。IT管​​理者は引き続きゲストオプションを制御する必要があります。

Microsoft Teamsは、開発者向けにカメラとGPSのサポートを追加します

Microsoft Teamsは、開発者向けにカメラとGPSのサポートを追加します

Microsoft Teamsは、カメラとGPSのサポートを開発者に追加します。チームはまた、会議での同時ビデオの数を増やします。続きを読む。

Microsoft Teamsは、まもなくARMデバイスのネイティブサポートを取得します

Microsoft Teamsは、まもなくARMデバイスのネイティブサポートを取得します

ARM64デバイスをお持ちの場合は、Microsoftがこのアーキテクチャ用に待望の作業アプリの最適化に最終的に取り組んでいることを知ってください。

Join.meをアンインストールできませんか?アプリを削除するための完全なガイド

Join.meをアンインストールできませんか?アプリを削除するための完全なガイド

Join.meをアンインストールできない場合は、プログラムのインストールとアンインストールのトラブルシューティングをチェックして、ソフトウェアがまだ実行されていないことを確認してください。