チーム:同じ名前のファイルがすでに存在します

多くのMicrosoftTeamsユーザーは、チャットに新しいファイルをアップロードしようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。「同じ名前のファイルが既に存在します。」

そもそもこのエラーを回避したい場合は、すべてのファイル名を一意にする必要があります。

MicrosoftTeamsのファイルはすでに存在します

このエラーにより、同じファイルを2つの異なるチャットグループにアップロードできなくなる可能性があります。これは、2つのファイルが同じ場所に保存されるために発生します。

チームは、チャットの会話で受け取ったすべてのファイルを同じフォルダーに送信します。これは、プログラムが設計上どのように機能するかです。

2つのファイルが同一であるかどうかを確認します

このアラートは通常、ユーザーが同じ名前の2つのファイルを共有したときに発生します。たぶんあなたはあなたのコンピュータからファイルの1つをアップロードしました。また、OneDriveまたは別のオンラインストレージサービスから他のファイルを共有しました。

単一のソースを使用してファイルをアップロードすることで、このエラーの発生を回避できます。

チーム:同じ名前のファイルがすでに存在します

OneDriveを使用してMicrosoftTeamsでファイルを共有することをお勧めします。そうすることで、OneDriveフォルダーに保存されているファイルを実際に共有します。したがって、他の場所で複製することはありません。そのチャットグループに登録されているすべての人と一緒に、ファイルに単一のソースを使用します。もちろん、これは、それぞれのファイルへのアクセスを許可することも意味します。

ファイルの名前を変更する

別の回避策は、単にファイルの名前を変更することです。2つのファイルが同一であるかどうかを確認します。この場合、結局2番目のファイルを共有する必要はないかもしれません。

このエラーが表示された場合、Teamsには3つのオプションがあります。

チーム:同じ名前のファイルがすでに存在します

キャンセルします。アップロードをキャンセルしてファイルの名前を変更するだけです。ファイル名を変更すると、エラーはなくなります。

両方を保持します。はい、同じファイル名のファイルが2つあります。これは、特に複数のユーザーがそのファイルで作業している場合、ユーザー間で少し混乱を引き起こす可能性があります。ファイル名を混同しないようにしてください。

を置き換えます。このオプションを選択すると、最初のファイルが2番目のファイルに置き換えられます。つまり、新しいファイルは既存のファイルバージョンを上書きします。

Teamsがファイルを置き換えるオプションしか提供しない場合もあります。

チーム:同じ名前のファイルがすでに存在します

このガイドで、アップロードしようとしているファイルが既に存在するとMicrosoftTeamsが言う理由が明確になったことを願っています。



人々はMicrosoftTeamsのミュートであなたの声を聞くことができますか?

人々はMicrosoftTeamsのミュートであなたの声を聞くことができますか?

Teamsで自分自身をミュートすると、他の会議参加者はあなたの声を聞くことができなくなります。Teamsマイクをミュートしても、システムマイクがオフになっているわけではありません。

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのすべてのヒント

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのすべてのヒント

Teams管理者、チャンピオン、またはパワーユーザーの場合、役割の一部がMicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスの向上に役立つ可能性があります。

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンス

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンス

Microsoft Teamsは、2019年後半からMicrosoftから推奨されるコラボレーションプラットフォームになりました。SkypeforBusinessのユーザーをTeamsに移行することに加えて、Microsoftは、COVID-19の大流行が始まってからコラボレーションプラットフォームの使用を開始したユーザー向けに多くの新機能も追加しました。このソフトウェアはSlackやZoomに似ていますが、他のMicrosoftツールと緊密に統合されています。

Teamsステータスをアクティブ/グリーン/オンライン/利用可能に保つ方法は?

Teamsステータスをアクティブ/グリーン/オンライン/利用可能に保つ方法は?

手順1:ステータスをTeamsで利用できるようにするコンピューターで、MicrosoftTeamsアプリケーションを開きます。プロファイルアイコンをクリックして、[利用可能]ステータスが選択されていることを確認します。

MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能に設定する方法

MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能に設定する方法

問題は、MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能な状態に保つ方法です。さて、ガイドでは、常に利用可能なステータスを設定するために使用できるいくつかの方法をリストします。

Microsoft TeamsAwayステータスをブロックする方法

Microsoft TeamsAwayステータスをブロックする方法

ユーザーがMicrosoftTeamsにサインインしていて、別のアプリで作業しているときにアプリが最小化されている場合、ユーザーのステータスは[利用可能]から[退席中]に変わります。

MicrosoftTeamsで時間を変更する方法

MicrosoftTeamsで時間を変更する方法

他のコミュニケーションアプリと同様に、MicrosoftTeamsには独自の可用性ステータスを設定するオプションがあります。これは、現在オンラインであるか、他のことをするのに忙しいのかを同僚に知らせるのに役立ちます。

Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Microsoft Teams LiveがSendliveコマンドの実行に失敗したと言った場合、これは十分なアップロード帯域幅がないことを示しています。

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

Microsoft Teamsは現在、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、およびSafariのWebブラウザーをサポートしています。

Microsoft Teamsを使用してあなたをスパイすることはできますか?

Microsoft Teamsを使用してあなたをスパイすることはできますか?

あなたの雇用主はあなたがチーム内で何をしているかを監視することができます。また、会話を記録したり、通話を録音したりすることもできます。

Microsoft Teams:チームメンバーのリストをエクスポートする

Microsoft Teams:チームメンバーのリストをエクスポートする

チームメンバーのリストをエクスポートするには、主に2つの方法があります。スクリプトを実行するか、そのチームのメンバーをメールの受信者として追加することができます。

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

Teamsまたはその他のOffice365アプリにサインインすると、エラーコードcaa20003が発生します。ログインが許可されていないことを示します。

Microsoft Teams:ドキュメントを一緒に処理する方法

Microsoft Teams:ドキュメントを一緒に処理する方法

Microsoft Teamsを使用すると、複数のユーザーが同じドキュメントで同時に作業できます。各ユーザーは、異なるドキュメントセクションで作業します。

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

Microsoft Teamsエラー80090030は、アプリがログインできなかったことを示します。これは、古いTPMバージョンまたは競合する設定が原因である可能性があります。

Microsoft Teams:新しいチャットメッセージが表示されない

Microsoft Teams:新しいチャットメッセージが表示されない

新しいチャットメッセージがMicrosoftTeamsに表示されない場合は、ネットワーク接続を確認してサインアウトしてください。次に、再度サインインします。

チーム:会議診断のログを有効にする

チーム:会議診断のログを有効にする

Microsoft Teams Logging For Meeting Diagnosticsの主な目的は、Teamsが意図したとおりに機能しなかった状況を特定することです。

MicrosoftTeamsのステータスがスタックしている問題を修正する方法

MicrosoftTeamsのステータスがスタックしている問題を修正する方法

Microsoft Teamsのステータスが動かなくなった場合は、リセットオプションを使用するか、終日の会議を設定してから削除してください。

Microsoft Teams:ホワイトボードを開いて使用する方法

Microsoft Teams:ホワイトボードを開いて使用する方法

Microsoft Teamsのホワイトボード機能は、組織内でのみ使用できます。少なくとも3人の参加者との会議。

Microsoft Teams:クイズを作成する方法

Microsoft Teams:クイズを作成する方法

Microsoft Teamsでクイズを使用する場合は、Microsoft Formsを使用してクイズを作成し、Teamsに転送できます。

Microsoft Teamsの修正:PCで共有画面が表示されない

Microsoft Teamsの修正:PCで共有画面が表示されない

このガイドでは、他の人と共有している画面が表示されないMicrosoftTeamsの問題を修正する方法を説明します。

Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

[投稿]タブは、MicrosoftTeamsに深く統合されています。ユーザーはそれを非表示にしたり、チャンネルから削除したりすることはできません。

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

設定で次の変更を行うことにより、Zoom会議に最適なオーディオを取得します。それらがどれであるかを確認してください。

ズーム:自分の名前を変更する方法

ズーム:自分の名前を変更する方法

すでに参加しているかどうかに関係なく、Zoom会議で名前を変更するのがいかに簡単かをご覧ください。初心者向けのヒント。

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teamsで誰がファイルを開いたかを確認するには、Insightsアプリをインストールし、デジタルアクティビティレポートを使用します。

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

Microsoft TeamsデスクトップアプリがChromebookで動作しない場合は、アップデートを確認し、ラップトップに日付と時刻の設定を自動的に設定させます。

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

その40分の制限時間に対処しなければならないことにうんざりしていませんか?ここでは、それを回避して、追加のズーム分を楽しむためのヒントをいくつか紹介します。

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

Microsoft Teamsがプロファイルの更新に失敗した場合は、Microsoftアカウントページに移動し、ログイン手段として携帯電話番号を削除してください。

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

IT管​​理者は、使用状況レポートを実行するか、Office365eDiscoveryを使用してMicrosoftTeamsから通話履歴データをエクスポートできます。

ズームで全員を同時にミュートする方法

ズームで全員を同時にミュートする方法

Zoomミーティングで全員をミュートする方法と、WindowsおよびAndroidでミュートを解除する方法について知っておくべきことを確認してください。

GoogleMeetビデオを録画する方法

GoogleMeetビデオを録画する方法

必要なときにレビューできるように、GoogleMeetの会議を記録する方法をご覧ください。ただし、覚えておくべきことがいくつかあります。