エラー:管理者にMicrosoft Teamsを有効にするように依頼する(修正済み)

Microsoft 365は、家庭でも企業でも同様に使用されています。生産性スイートは無料ではなく、エンタープライズライセンスのコストは高くなります。また、OneDriveのストレージ容量など、より多くの機能を備えている傾向があります。

エンタープライズライセンスを購入すると、組織内で特定のアプリにアクセスできるユーザーを制御するために使用できる管理パネルへのアクセスが付属します。

修正:管理者にMicrosoftTeamsを有効にするよう依頼する

エンタープライズMicrosoft365ライセンスにより、システム管理者はユーザーごとに機能を有効または無効にできます。Microsoft Teamsは、ユーザーごとに有効または無効にできる1つのアプリです。有効になっていない場合、または特定のユーザーの権限に問題がある場合は、「見逃している!」と表示される場合があります。アプリにログインしようとするときに、MicrosoftTeamsのメッセージを有効にするように管理者に依頼してください。

エラー:管理者にMicrosoft Teamsを有効にするように依頼する(修正済み)

1.ユーザーに対してMicrosoftTeamsを有効にする

管理者が実際にアカウントでMicrosoftTeamsを有効にする必要があるかどうかを管理者に確認することをお勧めします。これは、Microsoft365またはMicrosoftTeamsの管理パネルから有効にできます。

Microsoft365管理パネル。

  1. ブラウザでMicrosoft365管理パネルアクセスします
  2. [ユーザー]> [アクティブユーザー]を選択します。
  3. 'あなたが逃している!を見ているユーザー選択してください。管理者にMicrosoftTeamsのメッセージを有効にするように依頼します。
  4. ユーザー横にある[編集]をクリックして、MicrosoftTeams有効にします。

2.組織化のためにMicrosoftTeamsを有効にします

組織全体でMicrosoftTeamsを有効にしていない可能性があります。この場合、エンタープライズライセンスを使用しているすべてのユーザーに同じエラーが表示されます。

  1. Microsoft365管理パネルにログインします
  2. 左側の列の[設定]を展開します。
  3. [サービスとアドイン]を選択します。
  4. 右側のパネルで[MicrosoftTeams ]を選択します
  5. [組織全体でMicrosoftTeamsをオンまたはオフにする]スイッチをオンにします。
  6. [保存]をクリックします。

エラー:管理者にMicrosoft Teamsを有効にするように依頼する(修正済み)

3.ゲストに対してMicrosoftTeamsを有効にする

Microsoft Teamsにアクセスしようとしている人が組織の一部ではなく、代わりに非ドメインアカウントを使用している場合は、ゲストに対してMicrosoftTeamsを有効にする必要があります。これは、組織のTeams管理者が行う必要があります。

  1. 行くマイクロソフトチーム管理センター。
  2. 左側の列で[組織全体の設定]を展開します。
  3. ゲストアクセスを選択します。
  4. 右側のパネルで、[チームでゲストアクセスを許可する]スイッチをオンにします。
  5. [保存]をクリックします。
  6. チームにゲストを招待すると、ゲストは参加/ログインできるようになります。

エラー:管理者にMicrosoft Teamsを有効にするように依頼する(修正済み)

結論

「管理者にMicrosoftTeamsを有効にするように依頼する」メッセージは、ユーザーが解決できるメッセージではありません。Teams管理者が修正する必要があります。管理者が変更を加えた後、Microsoft Teamsを終了して再起動する必要があるかもしれませんが、それを超えると、エンドユーザーができることはあまりありません。



Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

[投稿]タブは、MicrosoftTeamsに深く統合されています。ユーザーはそれを非表示にしたり、チャンネルから削除したりすることはできません。

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

設定で次の変更を行うことにより、Zoom会議に最適なオーディオを取得します。それらがどれであるかを確認してください。

ズーム:自分の名前を変更する方法

ズーム:自分の名前を変更する方法

すでに参加しているかどうかに関係なく、Zoom会議で名前を変更するのがいかに簡単かをご覧ください。初心者向けのヒント。

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teamsで誰がファイルを開いたかを確認するには、Insightsアプリをインストールし、デジタルアクティビティレポートを使用します。

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

Microsoft TeamsデスクトップアプリがChromebookで動作しない場合は、アップデートを確認し、ラップトップに日付と時刻の設定を自動的に設定させます。

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

その40分の制限時間に対処しなければならないことにうんざりしていませんか?ここでは、それを回避して、追加のズーム分を楽しむためのヒントをいくつか紹介します。

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

Microsoft Teamsがプロファイルの更新に失敗した場合は、Microsoftアカウントページに移動し、ログイン手段として携帯電話番号を削除してください。

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

IT管​​理者は、使用状況レポートを実行するか、Office365eDiscoveryを使用してMicrosoftTeamsから通話履歴データをエクスポートできます。

ズームで全員を同時にミュートする方法

ズームで全員を同時にミュートする方法

Zoomミーティングで全員をミュートする方法と、WindowsおよびAndroidでミュートを解除する方法について知っておくべきことを確認してください。

GoogleMeetビデオを録画する方法

GoogleMeetビデオを録画する方法

必要なときにレビューできるように、GoogleMeetの会議を記録する方法をご覧ください。ただし、覚えておくべきことがいくつかあります。