トラブルシューティングのためにMicrosoftTeamsログを生成する方法

Microsoft Teamsは個人の立場で使用できますが、カジュアルな会話を簡単にするようなアプリではありません。コミュニケーションできるネットワークや人々のグループに関しては、設定するのが多すぎます。これが、ほとんどの場合、Microsoft Teamsが会社発行のライセンスの下で運営されており、ユーザーがすべて同じネットワークの一部である理由です。

他のアプリと同様に、MicrosoftTeamsは時々問題に遭遇することが知られています。これらの問題は、サインイン、電話の発信、ファイルの共有、会議でのマイクまたはカメラの使用などに関連している可能性があります

トラブルシューティングのためにMicrosoftTeamsログを生成する方法

MicrosoftTeamsのログ

ログファイルは、アプリやOSの複雑な問題をトラブルシューティングする際に不可欠なツールであることがよくあります。Microsoft Teamsは時々問題に遭遇し、それらの多くには簡単な修正があります。とはいえ、解決しない問題については、最終的にアプリのログを生成する必要があるかもしれません。

1. Microsoft Teamsログの生成–キーボードショートカット

Microsoft Teamsログのログの生成は簡単で、技術的な知識がまったくないエンドユーザーでも実行できます。

  1. MicrosoftTeamsを開きます。
  2. エラーが発生するまでアプリの実行を許可します。
  3. OSのショートカット使用してログファイルを生成します(以下を参照)。
    • Windows10のMicrosoftTeamsログ: Ctrl + Alt + Shift + 1
    • MacOSのMicrosoftTeamsログ: Option + Command + Shift + 1
    • LinuxのMicrosoftTeamsログ: Ctrl + Alt + Shift + 1
  4. ファイルはダウンロードフォルダに保存され、あなたはそれのために、デスクトップ通知が表示されます。

トラブルシューティングのためにMicrosoftTeamsログを生成する方法

2. Microsoft Teamsログの生成–システムトレイアイコン

MicrosoftTeamsログを生成するために使用できる2番目の方法があります。この方法はWindows10で機能し、macOSおよびLinuxでも機能する可能性があります。

  1. システムトレイ(またはメニューバー)のMicrosoftTeamsアイコン右クリックします
  2. メニューから[ログの取得]を選択します。
  3. 新しいメモ帳ファイルが開き、ログエントリが入力されます。 
  4. ファイルを保存します。

トラブルシューティングのためにMicrosoftTeamsログを生成する方法

その他のMicrosoftTeamsログ

上記の方法で生成されたログはデバッグログと呼ばれ、一般的なトラブルシューティングに役立ちます。Microsoft Teamsは、もう1つのタイプのログを保持しています。メディアログ。

のWindows 10、メディア・ログが保存されている次のいずれかの場所に:

  • %appdata%\ Microsoft \ Teams \ media-stack \ *。blog
  • %appdata%\ Microsoft \ Teams \ skylib \ *。blog
  • %appdata%\ Microsoft \ Teams \ media-stack \ *。etl

のMacOS、メディア・ログが保存されている次のいずれかの場所に:

  • 〜/ Library / Application Support / Microsoft / Teams / media-stack/*。blog
  • 〜/ Library / Application Support / Microsoft / Teams / skylib/*。blog

のLinux、メディアのログが保存されている次のいずれかの場所に:

  • 〜/ .config / Microsoft / Microsoft Teams / media-stack/*。blog
  • 〜/ .config / Microsoft / Microsoft Teams / skylib/*。blog

結論

Microsoft Teamsのログファイルはエンドユーザーにはあまり意味がありませんが、アプリのトラブルシューティングを手伝おうとしている人にとっては非常に役立つ可能性があります。トラブルシューティングがリモートで行われている場合、ログファイルは、アプリの動作を妨げている可能性のあるものについての貴重な洞察を提供できます。



Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

[投稿]タブは、MicrosoftTeamsに深く統合されています。ユーザーはそれを非表示にしたり、チャンネルから削除したりすることはできません。

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

設定で次の変更を行うことにより、Zoom会議に最適なオーディオを取得します。それらがどれであるかを確認してください。

ズーム:自分の名前を変更する方法

ズーム:自分の名前を変更する方法

すでに参加しているかどうかに関係なく、Zoom会議で名前を変更するのがいかに簡単かをご覧ください。初心者向けのヒント。

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teamsで誰がファイルを開いたかを確認するには、Insightsアプリをインストールし、デジタルアクティビティレポートを使用します。

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

Microsoft TeamsデスクトップアプリがChromebookで動作しない場合は、アップデートを確認し、ラップトップに日付と時刻の設定を自動的に設定させます。

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

その40分の制限時間に対処しなければならないことにうんざりしていませんか?ここでは、それを回避して、追加のズーム分を楽しむためのヒントをいくつか紹介します。

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

Microsoft Teamsがプロファイルの更新に失敗した場合は、Microsoftアカウントページに移動し、ログイン手段として携帯電話番号を削除してください。

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

IT管​​理者は、使用状況レポートを実行するか、Office365eDiscoveryを使用してMicrosoftTeamsから通話履歴データをエクスポートできます。

ズームで全員を同時にミュートする方法

ズームで全員を同時にミュートする方法

Zoomミーティングで全員をミュートする方法と、WindowsおよびAndroidでミュートを解除する方法について知っておくべきことを確認してください。

GoogleMeetビデオを録画する方法

GoogleMeetビデオを録画する方法

必要なときにレビューできるように、GoogleMeetの会議を記録する方法をご覧ください。ただし、覚えておくべきことがいくつかあります。