MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンス

Microsoft Teamsは、2019年後半からMicrosoftから推奨されるコラボレーションプラットフォームになりました。SkypeforBusinessのユーザーをTeamsに移行することに加えて、Microsoftは、COVID-19の大流行が始まってからコラボレーションプラットフォームの使用を開始したユーザー向けに多くの新機能も追加しました。このソフトウェアはSlackやZoomに似ていますが、他のMicrosoftツールと緊密に統合されています。

Teamsは、Microsoft365スイートの標準部分として提供されます。これは、企業がすべての内部通信を管理するためのオールインワンプラットフォームとして使用することを目的としています。多くの点で、標準の電子メールワークフローに取って代わり、一元化されたコラボレーションポータルとして機能します。管理者は、特定のトピック、部門、またはビジネス機能に基づいた専用チャネルをそれぞれ含む独自のチームワークスペースを作成できます。

この投稿では、MicrosoftTeamsの独自の機能と全体的なユーザーエクスペリエンスのいくつかについて説明します。マイクロソフトは常に新しい機能でTeamsを更新しており、UserVoiceで専用のカスタマーフィードバックフォーラムを維持しています。これにより、Microsoftと直接通信して、組織に役立つ追加機能を提案できます。

MicrosoftTeamsの機能と利点

MicrosoftTeamsによるスクリーンショット 

Microsoft Teamsは、チームのコミュニケーションを促進するように設計されており、中心的な機能の多くがこの主要な目的に対応しています。合理化されたダッシュボードにより、ユーザーは必要なファイル、メッセージ、および情報をすばやく見つけてアクセスできます。以下は、MicrosoftTeamsの最も重要な機能のいくつかです。

ボイスチャットとメッセージング

チームコラボレーションプラットフォームは、ユーザーがチーム全体にすばやく簡単にアクセスできるようにする必要があります。Microsoft Teamsでは、いくつかの異なる場所からプライベートな1対1のチャットまたは音声通話を開始することができます。連絡先データベース、会議、またはチームチャネルの投稿から直接同僚に連絡できます。チャットや通話は、正式な会議を主催することなく、グループディスカッションとして開始することもできます。ユーザーは、後で参照できるようにメッセージを保存したり、いつでもチャットを非表示にしたりミュートしたりできます。

会議とビデオチャット

音声通話に加えて、ユーザーはクリックするだけでプライベートな1対1のビデオ通話を開始することもできます。会議の設定とスケジュールは簡単で、最大250人まで収容できます。マイクロソフトは、ライブイベント中に参加者数を1,000人、さらには最大20,000人のパッシブ参加者に増やす高度なコミュニケーションアドオンも提供しています。COVID-19の登場以来、新たに追加されたのは、カジュアルな共有作業環境を作成するTogetherモードです。チームメンバーは、作業中にスペースに参加して交流し、背景や仮想部屋のレイアウトをカスタマイズできます。

Microsoft 365 Apps

おそらく、Microsoft Teamsの最も便利な機能は、Microsoft製品のファミリ全体との非常に緊密な統合です。ユーザーは、複数のウィンドウ間を移動することなく、ファイルを作成、更新、および共有できます。Word、PowerPoint、Excelファイルを含むこれらすべてのドキュメントは、SharePointクラウド環境に自動的にバックアップされます。チームメンバーは、リアルタイムでドキュメントを共同編集することもできます。Microsoft Teamsは、365スイート全体の一部としてシングルサインオン(SSO)と2要素認証をサポートしています。

 サードパーティの統合

Microsoftは統合をコネクタと呼び、現在、Teamsで100を超える統合をサポートしています。Zendesk、Mailchimp、SAP、Salesforce、Evernoteなど、多くの人気のあるエンタープライズアプリとコラボレーションアプリのサポートがあります。活発な開発者コミュニティにより、マイクロソフトは頻繁に新しいコネクタを追加し、既存の製品の機能を更新しています。

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンス

Microsoft Teamsのエンドユーザーエクスペリエンスは、メインのユーザーインターフェイスを中心にしています。このインターフェースは、Slackなどの他の競合製品と比較した場合、同様のルックアンドフィールを備えています。上記の機能に加えて、これらはMicrosoftTeamsを際立たせる独自のユーザーエクスペリエンス品質の一部です。

会議への参加と主催

会議への電話は、特に他のタスクとコミットメントのバランスを取りながら急いでいる場合は、ストレスになる可能性があります。Microsoft Teamsは、会議の流れを意図せず中断しないように、通話に遅れて参加すると自動的に回線をミュートします。カメラの電源を切るなど、参加する前に多くの機能をカスタマイズすることもできます。主催者はメモをすべての参加者と直接共有でき、会議の記録は通話後にチャットボックスで自動的に共有されます。

モバイル対応

Microsoft Teamsモバイルアプリは、最近の会話を強調表示するインターフェイスを備えた、多くの人気のあるメッセージングアプリによく似ています。数回クリックするだけで、個々のチャネルスレッドにアクセスして他のユーザーにメッセージを送信するのは簡単です。つまり、チームメンバーは、デスクトップにいないときに同僚に連絡する方法を探すために貴重な時間を無駄にすることはありません。

コラボレーション

Microsoftは、同じプラットフォーム内から個人およびチームのアクションを追跡するためのタスク機能を追加しました。ユーザーは、任意のタスクの進行状況の更新を表示し、他のユーザーと共有するカスタムかんばんボードを作成できます。別のツールであるMicrosoftWhiteboardを使用すると、チームメンバーは、インタラクティブな背景を使用してコラボレーションし、アイデアをブレインストーミングできます。これらの機能は、分散したチーム間のシームレスなコラボレーションをサポートするのに役立ち、オフィス環境での作業に慣れている人がリモート作業環境に切り替えるという課題を緩和するのに役立ちます。

Microsoft Teamsは、リモートの作業環境に突然適応することを余儀なくされた多くの企業にとって重要なツールになりました。これらのコラボレーションプラットフォームの採用が加速する中、マイクロソフトはTeamsを市場の主要プレーヤーとして位置付けています。基本的なMicrosoft365パッケージの一部として、Teamsは引き続きアクセス可能で強力なコラボレーションプラットフォームです。


人々はMicrosoftTeamsのミュートであなたの声を聞くことができますか?

人々はMicrosoftTeamsのミュートであなたの声を聞くことができますか?

Teamsで自分自身をミュートすると、他の会議参加者はあなたの声を聞くことができなくなります。Teamsマイクをミュートしても、システムマイクがオフになっているわけではありません。

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのすべてのヒント

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのすべてのヒント

Teams管理者、チャンピオン、またはパワーユーザーの場合、役割の一部がMicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスの向上に役立つ可能性があります。

Teamsステータスをアクティブ/グリーン/オンライン/利用可能に保つ方法は?

Teamsステータスをアクティブ/グリーン/オンライン/利用可能に保つ方法は?

手順1:ステータスをTeamsで利用できるようにするコンピューターで、MicrosoftTeamsアプリケーションを開きます。プロファイルアイコンをクリックして、[利用可能]ステータスが選択されていることを確認します。

MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能に設定する方法

MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能に設定する方法

問題は、MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能な状態に保つ方法です。さて、ガイドでは、常に利用可能なステータスを設定するために使用できるいくつかの方法をリストします。

Microsoft TeamsAwayステータスをブロックする方法

Microsoft TeamsAwayステータスをブロックする方法

ユーザーがMicrosoftTeamsにサインインしていて、別のアプリで作業しているときにアプリが最小化されている場合、ユーザーのステータスは[利用可能]から[退席中]に変わります。

MicrosoftTeamsで時間を変更する方法

MicrosoftTeamsで時間を変更する方法

他のコミュニケーションアプリと同様に、MicrosoftTeamsには独自の可用性ステータスを設定するオプションがあります。これは、現在オンラインであるか、他のことをするのに忙しいのかを同僚に知らせるのに役立ちます。

Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Microsoft Teams LiveがSendliveコマンドの実行に失敗したと言った場合、これは十分なアップロード帯域幅がないことを示しています。

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

Microsoft Teamsは現在、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、およびSafariのWebブラウザーをサポートしています。

Microsoft Teamsを使用してあなたをスパイすることはできますか?

Microsoft Teamsを使用してあなたをスパイすることはできますか?

あなたの雇用主はあなたがチーム内で何をしているかを監視することができます。また、会話を記録したり、通話を録音したりすることもできます。

Microsoft Teams:チームメンバーのリストをエクスポートする

Microsoft Teams:チームメンバーのリストをエクスポートする

チームメンバーのリストをエクスポートするには、主に2つの方法があります。スクリプトを実行するか、そのチームのメンバーをメールの受信者として追加することができます。

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

Teamsまたはその他のOffice365アプリにサインインすると、エラーコードcaa20003が発生します。ログインが許可されていないことを示します。

Microsoft Teams:ドキュメントを一緒に処理する方法

Microsoft Teams:ドキュメントを一緒に処理する方法

Microsoft Teamsを使用すると、複数のユーザーが同じドキュメントで同時に作業できます。各ユーザーは、異なるドキュメントセクションで作業します。

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

Microsoft Teamsエラー80090030は、アプリがログインできなかったことを示します。これは、古いTPMバージョンまたは競合する設定が原因である可能性があります。

Microsoft Teams:新しいチャットメッセージが表示されない

Microsoft Teams:新しいチャットメッセージが表示されない

新しいチャットメッセージがMicrosoftTeamsに表示されない場合は、ネットワーク接続を確認してサインアウトしてください。次に、再度サインインします。

チーム:会議診断のログを有効にする

チーム:会議診断のログを有効にする

Microsoft Teams Logging For Meeting Diagnosticsの主な目的は、Teamsが意図したとおりに機能しなかった状況を特定することです。

MicrosoftTeamsのステータスがスタックしている問題を修正する方法

MicrosoftTeamsのステータスがスタックしている問題を修正する方法

Microsoft Teamsのステータスが動かなくなった場合は、リセットオプションを使用するか、終日の会議を設定してから削除してください。

Microsoft Teams:ホワイトボードを開いて使用する方法

Microsoft Teams:ホワイトボードを開いて使用する方法

Microsoft Teamsのホワイトボード機能は、組織内でのみ使用できます。少なくとも3人の参加者との会議。

Microsoft Teams:クイズを作成する方法

Microsoft Teams:クイズを作成する方法

Microsoft Teamsでクイズを使用する場合は、Microsoft Formsを使用してクイズを作成し、Teamsに転送できます。

Microsoft Teamsの修正:PCで共有画面が表示されない

Microsoft Teamsの修正:PCで共有画面が表示されない

このガイドでは、他の人と共有している画面が表示されないMicrosoftTeamsの問題を修正する方法を説明します。

トラブルシューティングのためにMicrosoftTeamsログを生成する方法

トラブルシューティングのためにMicrosoftTeamsログを生成する方法

Microsoft Teamsは個人の立場で使用できますが、カジュアルな会話を容易にするようなアプリではありません。設定するには多すぎます

MicrosoftTeams統合を有効にして使用する方法

MicrosoftTeams統合を有効にして使用する方法

Microsoft Teamsは、多くのMicrosoft 365アプリと、通常はの生産性スイートに含まれていない他のいくつかのMicrosoft製品と連携します。

エラー:管理者にMicrosoft Teamsを有効にするように依頼する(修正済み)

エラー:管理者にMicrosoft Teamsを有効にするように依頼する(修正済み)

Microsoft 365は、家庭でも企業でも同様に使用されています。生産性スイートは無料ではなく、エンタープライズライセンスはより多くの費用がかかります。彼らはまたより多くを持っている傾向があります

MicrosoftTeamを離れる方法

MicrosoftTeamを離れる方法

ユーザー/メンバーをMicrosoftTeamsチームに招待する方法はいくつかあります。あなたは彼らの電子メールを介してそれらを招待することができます、あなたはアクティブから直接それらを追加することができます

MicrosoftTeamsのチャネルとは[完全な説明]

MicrosoftTeamsのチャネルとは[完全な説明]

メッセージングアプリは元々、仕事に関係のないカジュアルな会話に使用されていました。オフィスで使用することを目的としたアプリがいくつかありましたが、それらは

MicrosoftTeamsグループでチームを設定する方法

MicrosoftTeamsグループでチームを設定する方法

Microsoft Teamsは、多数のMicrosoftの他のアプリやサービスを統合する手ごわいアプリです。実際、その機能の多くは他のものに依存しています

MicrosoftTeamsでタスクを使用する方法

MicrosoftTeamsでタスクを使用する方法

タスクの割り当てはチーム内の基本的な要件であり、割り当てられたタスクを追跡することが重要です。メールは、次の目的で使用できるシンプルなツールの1つです。

GoogleMeetの会議をスケジュールする方法

GoogleMeetの会議をスケジュールする方法

Google Meetは、他のオンライン会議ツールと同様に、スケジュール機能を備えています。これにより、将来開催される会議へのリンクを作成できます。The

GoogleMeetコードを使用して会議に参加する方法

GoogleMeetコードを使用して会議に参加する方法

GoogleMeetの会議は簡単に作成して参加できます。GoogleMeetをGoogleアカウントで使用するか、アカウントなしで使用するかを選択できます。同様に、あなたが

接続を拒否されたMicrosoftTeamsを修正する方法(クイックガイド)

接続を拒否されたMicrosoftTeamsを修正する方法(クイックガイド)

Microsoft Teamsは、スケジュールされた会議に使用でき、臨時の会議を作成することもできます。どちらの会議タイプでも、リンクを介して他のユーザーを招待できます。