チーム:会議診断のログを有効にする

Microsoft Teamsアプリが機能しなくなっただけですか?自分問題のトラブルシューティングを行うことができない場合は、いつでもMicrosoftサポートに連絡して支援を求めることができます。Microsoftのサポートエージェントは、Teamsクライアントのログファイルを分析して、問題の根本原因を特定します。タスクを簡単にするために、MicrosoftTeamsで会議の診断を有効にすることができます。

Microsoft Teams:会議診断のログを有効にする

会議診断は、便利なトラブルシューティング機能です。見落とされがちな点の1つは、サポートエンジニアが診断ファイルを使用して、発生している問題の原因をすばやく特定することです。

このオプションをオンにするには、プロフィール写真をクリックして[設定]に移動します。次に、[会議診断のログを有効にする]チェックボックスをオンにします。

チーム:会議診断のログを有効にする

チーム会議の診断データをログに記録するオプションは、デフォルトで無効になっています。この機能を有効にすると、Teamsは診断ファイルをC:\ Users \ UserName \ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Teamsに保存します。

チーム:会議診断のログを有効にする

アプリは、次の3種類の診断データを生成および収集します。

  • %userprofile%\ Downloadsで利用可能なデバッグログ。
  • %appdata%\ Microsoft \ Teams \ media-stackおよび%appdata%\ Microsoft \ Teams \ skylibにあるメディアログ。
  • %appdata%\ Microsoft \ Teams \ logsの下で利用可能なデスクトップログが利用可能です

Teams診断ログの収集

この機能の主な目的は、チームが意図したとおりに機能しなかった状況を特定することです。たとえば、ユーザーはMicrosoftTeamsの会議をスケジュールしたり参加したりすることはできません。または、会議から追い出され、会議がカレンダーから消えます。これらすべての場合において、診断ログはそれが起こった理由を説明するのに役立つかもしれません。

メディアログには、オーディオ、ビデオ、および画面共有アクションに関する診断データが含まれています。会議に関連する問題のサポートケースを開く必要がある場合は、診断データファイルが役立ちます。

Teamsは、診断ログファイルをプレーンテキストで保存し、データを暗号化します。これは、データを保護するために行われます。このため、Teams診断ファイルにアクセスして開くことはできません。マイクロソフトのサポートエンジニア自身が、最初にファイルを読み取り可能な形式に変換する必要があります。

詳細については、Microsoftのサポートページにアクセスしてください。MicrosoftTeamsのトラブルシューティングでログファイルを使用します

結論

全体として、Microsoft Teamsは信頼性がありますが、エラーのないサービスではありません。さまざまなグリッチが時々発生する可能性があります。Microsoftサポートに連絡する必要がある場合は、会議診断ファイルを用意しておくと非常に役立ちます。これらの点を考慮して、会議診断のログをまだ有効にしていない場合は、できるだけ早く実行してください。



人々はMicrosoftTeamsのミュートであなたの声を聞くことができますか?

人々はMicrosoftTeamsのミュートであなたの声を聞くことができますか?

Teamsで自分自身をミュートすると、他の会議参加者はあなたの声を聞くことができなくなります。Teamsマイクをミュートしても、システムマイクがオフになっているわけではありません。

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのすべてのヒント

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのすべてのヒント

Teams管理者、チャンピオン、またはパワーユーザーの場合、役割の一部がMicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンスの向上に役立つ可能性があります。

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンス

MicrosoftTeamsのエンドユーザーエクスペリエンス

Microsoft Teamsは、2019年後半からMicrosoftから推奨されるコラボレーションプラットフォームになりました。SkypeforBusinessのユーザーをTeamsに移行することに加えて、Microsoftは、COVID-19の大流行が始まってからコラボレーションプラットフォームの使用を開始したユーザー向けに多くの新機能も追加しました。このソフトウェアはSlackやZoomに似ていますが、他のMicrosoftツールと緊密に統合されています。

Teamsステータスをアクティブ/グリーン/オンライン/利用可能に保つ方法は?

Teamsステータスをアクティブ/グリーン/オンライン/利用可能に保つ方法は?

手順1:ステータスをTeamsで利用できるようにするコンピューターで、MicrosoftTeamsアプリケーションを開きます。プロファイルアイコンをクリックして、[利用可能]ステータスが選択されていることを確認します。

MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能に設定する方法

MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能に設定する方法

問題は、MicrosoftTeamsのステータスを常に利用可能な状態に保つ方法です。さて、ガイドでは、常に利用可能なステータスを設定するために使用できるいくつかの方法をリストします。

Microsoft TeamsAwayステータスをブロックする方法

Microsoft TeamsAwayステータスをブロックする方法

ユーザーがMicrosoftTeamsにサインインしていて、別のアプリで作業しているときにアプリが最小化されている場合、ユーザーのステータスは[利用可能]から[退席中]に変わります。

MicrosoftTeamsで時間を変更する方法

MicrosoftTeamsで時間を変更する方法

他のコミュニケーションアプリと同様に、MicrosoftTeamsには独自の可用性ステータスを設定するオプションがあります。これは、現在オンラインであるか、他のことをするのに忙しいのかを同僚に知らせるのに役立ちます。

Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Teams Live:「SendLive」コマンドの実行に失敗しました

Microsoft Teams LiveがSendliveコマンドの実行に失敗したと言った場合、これは十分なアップロード帯域幅がないことを示しています。

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

サポートされていないMicrosoftTeamsブラウザを修正

Microsoft Teamsは現在、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、およびSafariのWebブラウザーをサポートしています。

Microsoft Teamsを使用してあなたをスパイすることはできますか?

Microsoft Teamsを使用してあなたをスパイすることはできますか?

あなたの雇用主はあなたがチーム内で何をしているかを監視することができます。また、会話を記録したり、通話を録音したりすることもできます。

Microsoft Teams:チームメンバーのリストをエクスポートする

Microsoft Teams:チームメンバーのリストをエクスポートする

チームメンバーのリストをエクスポートするには、主に2つの方法があります。スクリプトを実行するか、そのチームのメンバーをメールの受信者として追加することができます。

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

MicrosoftTeamsエラーcaa20003のトラブルシューティング

Teamsまたはその他のOffice365アプリにサインインすると、エラーコードcaa20003が発生します。ログインが許可されていないことを示します。

Microsoft Teams:ドキュメントを一緒に処理する方法

Microsoft Teams:ドキュメントを一緒に処理する方法

Microsoft Teamsを使用すると、複数のユーザーが同じドキュメントで同時に作業できます。各ユーザーは、異なるドキュメントセクションで作業します。

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

MicrosoftTeamsエラー80090030を修正する方法

Microsoft Teamsエラー80090030は、アプリがログインできなかったことを示します。これは、古いTPMバージョンまたは競合する設定が原因である可能性があります。

Microsoft Teams:新しいチャットメッセージが表示されない

Microsoft Teams:新しいチャットメッセージが表示されない

新しいチャットメッセージがMicrosoftTeamsに表示されない場合は、ネットワーク接続を確認してサインアウトしてください。次に、再度サインインします。

MicrosoftTeamsのステータスがスタックしている問題を修正する方法

MicrosoftTeamsのステータスがスタックしている問題を修正する方法

Microsoft Teamsのステータスが動かなくなった場合は、リセットオプションを使用するか、終日の会議を設定してから削除してください。

Microsoft Teams:ホワイトボードを開いて使用する方法

Microsoft Teams:ホワイトボードを開いて使用する方法

Microsoft Teamsのホワイトボード機能は、組織内でのみ使用できます。少なくとも3人の参加者との会議。

Microsoft Teams:クイズを作成する方法

Microsoft Teams:クイズを作成する方法

Microsoft Teamsでクイズを使用する場合は、Microsoft Formsを使用してクイズを作成し、Teamsに転送できます。

Microsoft Teamsの修正:PCで共有画面が表示されない

Microsoft Teamsの修正:PCで共有画面が表示されない

このガイドでは、他の人と共有している画面が表示されないMicrosoftTeamsの問題を修正する方法を説明します。

Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

[投稿]タブは、MicrosoftTeamsに深く統合されています。ユーザーはそれを非表示にしたり、チャンネルから削除したりすることはできません。

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

設定で次の変更を行うことにより、Zoom会議に最適なオーディオを取得します。それらがどれであるかを確認してください。

ズーム:自分の名前を変更する方法

ズーム:自分の名前を変更する方法

すでに参加しているかどうかに関係なく、Zoom会議で名前を変更するのがいかに簡単かをご覧ください。初心者向けのヒント。

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teamsで誰がファイルを開いたかを確認するには、Insightsアプリをインストールし、デジタルアクティビティレポートを使用します。

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

Microsoft TeamsデスクトップアプリがChromebookで動作しない場合は、アップデートを確認し、ラップトップに日付と時刻の設定を自動的に設定させます。

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

その40分の制限時間に対処しなければならないことにうんざりしていませんか?ここでは、それを回避して、追加のズーム分を楽しむためのヒントをいくつか紹介します。

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

Microsoft Teamsがプロファイルの更新に失敗した場合は、Microsoftアカウントページに移動し、ログイン手段として携帯電話番号を削除してください。

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

IT管​​理者は、使用状況レポートを実行するか、Office365eDiscoveryを使用してMicrosoftTeamsから通話履歴データをエクスポートできます。

ズームで全員を同時にミュートする方法

ズームで全員を同時にミュートする方法

Zoomミーティングで全員をミュートする方法と、WindowsおよびAndroidでミュートを解除する方法について知っておくべきことを確認してください。

GoogleMeetビデオを録画する方法

GoogleMeetビデオを録画する方法

必要なときにレビューできるように、GoogleMeetの会議を記録する方法をご覧ください。ただし、覚えておくべきことがいくつかあります。