接続を拒否されたMicrosoftTeamsを修正する方法(クイックガイド)

Microsoft Teamsは、スケジュールされた会議に使用でき、臨時の会議を作成することもできます。どちらの会議タイプでも、リンクを介して他のユーザーを招待できます。会議への参加は簡単です。MicrosoftTeamsをインストールする必要はありません。ブラウザから会議に参加できます。

MicrosoftTeamsは会議に接続しません

MicrosoftTeamsの会議に参加するのは簡単です。リンクをクリックし、[参加]ボタンをクリックすると、参加できます。接続され、会議に参加できるようになります。これはどのように機能するかですが、ユーザーは会議への参加を報告します。つまり、[参加]ボタンをクリックすると、進行中の会議を確認できますが、参加者として表示されません。つまり、会議は進行中ですが、実際には参加していません。

1.終了して、会議に再度参加します

PCを再起動すると問題が解決するのと同じように、会議を終了して再度参加すると問題が解決する場合があります。

  1. 上の会議画面、通話を終了するには、赤い電話のアイコンをクリックしてください。これにより、会議から削除されるだけです。
  2. リンクをクリックするか、会議に再度招待してください
  3. 会議に参加します。

接続を拒否されたMicrosoftTeamsを修正する方法(クイックガイド)

2.Webアプリを試してください

Microsoft Teamsデスクトップアプリから会議に参加しようとしている場合は、Webインターフェイスを使用してみてください。

  1. デスクトップでMicrosoftTeamsを終了します。
  2. Microsoft TeamsWebインターフェイスにアクセスします
  3. MicrosoftTeamsアカウントでサインインします。
  4. リンクまたは会議への招待をクリックします。
  5. デスクトップを開かず、代わりにブラウザで会議に参加してください。

接続を拒否されたMicrosoftTeamsを修正する方法(クイックガイド)

3. MicrosoftTeamsのキャッシュをクリアします

Microsoft TeamsのWebインターフェイスから会議に接続できる場合は、デスクトップアプリのキャッシュが原因で、デスクトップアプリ自体から会議に参加できない可能性があります。

  1. MicrosoftTeamsを終了します。
  2. ファイルエクスプローラーを開きます。
  3. ロケーションバーに次のように入力し、Enterをタップします。

%appdata%\ Microsoft \ teams

  1. 次のフォルダからファイルを削除しますが、これらのフォルダは削除しないでください。
    • キャッシュ
    • データベース
    • GPUCache
    • IndexedDB
    • ローカルストレージ
    • tmp
  2. Microsoft Teamsを開き、会議に参加します。

接続を拒否されたMicrosoftTeamsを修正する方法(クイックガイド)

4.ファイアウォールを通過するアプリを許可する

MicrosoftTeamsがWindowsファイアウォールによってブロックされている可能性があります。

  1. ファイルエクスプローラーを開きます。
  2. ロケーションバーに次のよう入力し、Enterをタップします。

コントロールパネル\システムとセキュリティ\ Windowsディフェンダーファイアウォール

  1. 左側の列にある[ファイアウォール通過するアプリまたは機能を許可する]をクリックします。
  2. [設定の変更]をクリックします。
  3. アプリのリストを確認し、「teams.exe」探します。
  4. アプリがプライベートネットワークを介して通信できるようにします。
  5. 会議に参加してみてください。うまくいくはずです。

接続を拒否されたMicrosoftTeamsを修正する方法(クイックガイド)

結論

まれに、Microsoft Teamsの問題により、ユーザーが会議に接続できない場合があります。Webインターフェイスまたは電話を介して会議に接続できる場合は、デスクトップアプリからも接続できるはずです。あなたが持っている問題が何であれ、上記の解決策はそれらを修正します。



Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

Microsoft Teamsから[投稿]タブを削除するにはどうすればよいですか?

[投稿]タブは、MicrosoftTeamsに深く統合されています。ユーザーはそれを非表示にしたり、チャンネルから削除したりすることはできません。

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

ズーム:コンピュータのオーディオのみを共有する方法

設定で次の変更を行うことにより、Zoom会議に最適なオーディオを取得します。それらがどれであるかを確認してください。

ズーム:自分の名前を変更する方法

ズーム:自分の名前を変更する方法

すでに参加しているかどうかに関係なく、Zoom会議で名前を変更するのがいかに簡単かをご覧ください。初心者向けのヒント。

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teams:誰がファイルを開いたかを確認できますか?

Microsoft Teamsで誰がファイルを開いたかを確認するには、Insightsアプリをインストールし、デジタルアクティビティレポートを使用します。

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

修正:MicrosoftTeamsがChromebookで動作しない

Microsoft TeamsデスクトップアプリがChromebookで動作しない場合は、アップデートを確認し、ラップトップに日付と時刻の設定を自動的に設定させます。

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

ズームミーティングから40分以上を取得する方法–無料版

その40分の制限時間に対処しなければならないことにうんざりしていませんか?ここでは、それを回避して、追加のズーム分を楽しむためのヒントをいくつか紹介します。

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

修正:MicrosoftTeamsがプロファイルの更新に失敗しました

Microsoft Teamsがプロファイルの更新に失敗した場合は、Microsoftアカウントページに移動し、ログイン手段として携帯電話番号を削除してください。

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

MS Teamsから通話履歴を確認してエクスポートするにはどうすればよいですか?

IT管​​理者は、使用状況レポートを実行するか、Office365eDiscoveryを使用してMicrosoftTeamsから通話履歴データをエクスポートできます。

ズームで全員を同時にミュートする方法

ズームで全員を同時にミュートする方法

Zoomミーティングで全員をミュートする方法と、WindowsおよびAndroidでミュートを解除する方法について知っておくべきことを確認してください。

GoogleMeetビデオを録画する方法

GoogleMeetビデオを録画する方法

必要なときにレビューできるように、GoogleMeetの会議を記録する方法をご覧ください。ただし、覚えておくべきことがいくつかあります。